アイコン アルフレッサなど医薬品卸大手4社、談合認める

独立行政法人地域医療機能推進機構(東京)が発注した医薬品の入札で談合したとして、東京地裁(須田雄一裁判長)の初公判で、独禁法違反(不当な取引制限)の罪に問われた医薬品卸売大手アルフレッサ(東京)の元病院統括部長、五味信幸被告(62)ら3人と、法人としての同社は10日、起訴内容を認めた。 この事件では、メディセオ(東京)、スズケン(名古屋市)、東邦薬品(東京)の元幹部ら計4人、法人としての3社も独禁法違反罪で起訴され、いずれも起訴内容を認めている。

検察側は冒頭陳述で、3社とメディセオ(東京)は遅くとも2004年ごろから受注予定業者や価格を事前に決め、医療機関の要請に協調して値引きを抑えたと指摘した。

以上、報道参照

 

2020年10月の家宅捜査に当たっては東京地検特捜と公取委が対応していた。

追徴金はどれほどになるのだろうか。

最近の談合などの問題では公取委に対して軽るくするように政府が主導している。そのため公取委の立件も大幅に少なくなっている。


 

[ 2021年5月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧