アイコン 高須克弥の女性秘書が不正署名に関与か? 高須氏は無関係を主張

報道によれば・・・

愛知県の大村秀章知事のリコール活動団体会長で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の女性秘書が、署名提出期限直前の昨年10月下旬~11月上旬、名古屋市内の公共施設で、押印のない大量の署名に指印を押す不正に関与した疑いがあることが、複数の関係者への取材で分かった。

高須氏は本紙の取材に「私は全く知らなかった。本人に確認したところ『田中さんから要請されて悪いことをしてしまった』と話していた。厳しくしかった」と話している。代理人を通じて女性秘書に取材を申し込んだが回答はなかった。

関係者によると、11月4日の署名提出期限直前の数日間、名古屋市内の生涯学習センターなどで、集まった署名を自治体別に仕分けする作業が行われた。一部のセンターでは、佐賀市でアルバイトが偽造したとみられる同一筆跡の署名が運び込まれ、事務局長の田中孝博容疑者の指示で、押印のない署名に指印を押す不正が行われ、高須氏の女性秘書も参加していたという。
 

 
 

ネットの反応では・・・

「ウヨクのみなさんごめんなさいは?」

「うーん対立候補に利用されるからこういうのは慎重にやらないとね」

「地方の政治ってのは結構泥臭いからなあ、高須先生は触れるべきではなかった」

「まあ胡散臭い運動ってことにされたな」

「こういうのは何故サヨクの方が上手くやれるのかね」

などの声があがっている。

 

確かに地方政治は素人がうっかり触れると火傷するような泥臭さがある。

もし成功させたいならば慎重さが必要だったろう。

 

 

[ 2021年5月20日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧