アイコン SB-G ロボットのボストンダイナミックス社を現代自動車Gへ売却完了


ソフトバンクグループは21日、現代自動車グループに対して米ロボット開発企業「ボストン・ダイナミクス」を売却完了させた。売却額は約970億円。売却後は現代自動車Gが80%の株を所有してこ会社化し、SB-Gも引き続き20%の株を所有する。
現代自動車グループの80%の持株は、それぞれ現代自動車が30%、現代モービスが20%、現代グロービスが10%。現代自動車グループのチョン会長が20%の持ち株となる。
 ボストン・ダイナミクスは1992年設立され、2013年に米グーグルに買収された後、2017年にソフトバンクグループが買収していた。ソフトバンクGは昨年12月に現代自動車Gと売買契約を締結していた。
 ボストン・ダイナミクスの直近の会計年度の売上高は約29億円、当期純損は▲約145億円の赤字。
以上、

スポンサーリンク

韓国が月ロケットでも打ち上げない限り利用価値はほとんどないだろう。災害用ロボットは大地震や2011年の東日本震災を経て、世界中で専門のロボット開発会社がいくらでもある。
月や宇宙探査などは興味本位のIT通信大手から実用を目的にしたテスラ・イーロンマスクのXスペースやアマゾン・ベゾスのブルーオリジン、ヴァージンなどに絞りこまれてきている。

ただ、ボストン・ダイナミックス社のテクノロジーを現代自Gグループが生かしきれば、新たなる分野を切り開けようが、所詮真似の延長線上の発想しかなく、無理と思われる。
産業用ロボットの技術のほとんどは日本と中国が握っており、業務用の警備や配膳用ロボットなどは中国が大きく先行している。

ソフトバンクのホームゲームの無観客野球試合では、ボストン・ダイナミクス社の犬骨格ロボットたちもPEPPER君たちと一緒に踊っていたが、直近の無観客ゲームでは気持ち悪く不評を買ったのかPEPPER君たちだけの踊りとなっていた。
こちとらとしてはPEPPER君たちだけでもきもいのであるが・・・。孫さんのお遊びなのだろう。

 

[ 2021年6月22日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧