アイコン アマゾンのベゾスCEO 来月20日宇宙へ 自社のブルーオリジン号で

 

米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOは7日、自身が創業した宇宙開発企業「ブルーオリジン」が来月20日に打ち上げる有人宇宙船の初号機に自ら搭乗すると発表した。
宇宙船で高度100キロの宇宙空間まで上昇後、3分~10分の無重力状態を経て地球に戻る予定。

ベゾス氏はインスタグラムで「5歳の時から宇宙への旅を夢見てきた」と投稿したうえで、自身も搭乗することを明かした。宇宙船にはベゾス氏の弟も搭乗するという。

ブルーオリジンは1席分をオークション形式で販売していて、すでに143ヶ国から6000人近い応募があり、最高額は約3億円(280万ドル)にのぼっているということで、落札者は今月12日に発表される。

落札額は全額、子どものSTEM教育促進に取り組んでいる非営利組織Club for the Futureに寄付されることになっている。
以上、

ブルーオリジン号は再使用ロケットでこれまでに10回成功している。計画通りの地点に着陸させており、カプセル部分はパラシュートでの帰還となる。
スペースXのイーロン・マスクはビット・コインを弄んでいる間に、ベゾス氏に先を越さることになる。この世は何事も一番出なければ、2番煎じになってしまう世だ。
 

0608_03.jpg

[ 2021年6月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧