アイコン 大谷翔平選手 NYヤンキースタジアムで連発の27・28号ホームラン


MLBエンジェルスの大谷翔平投手兼野手が、ニューヨークで行われているヤンキース戦に2番指名打者で先発出場し、3回の第2打席で今シーズン27号ソロホームラン、さらに5回の第3打席で2打席連続となる28号ツーランを放った。

大谷選手はこの時点で、ホームランの数で両リーグを通じ単独トップに立った。

打撃天才のゲレロJrも大谷選手の快進撃にそろそろ焦り出し、ホームラン数が減じる可能性もある。

大谷選手はMLBながら本拠地が西海岸のため、その人気は全米とまではいっていないという。前日のNYのヤンキーススタジアム球場での大きなホームランデビューでは東海岸でも大きな話題となっており、今回の連続ホームランで東海岸でも大谷選手が明るい話題になると見られる。

スポンサーリンク

同僚のトラウト選手が復帰すれば打線にもつながりが出て、チームの勝数も増加すると見られるが・・・試合は負けている。

投手陣も弱すぎる。大谷選手の年棒はMLBの平均年俸より低く、エンジェルスはトラウトに金をかけすぎ(20年の年棒42億円)、投手陣の補強ができなかったのかも知れない。

投げる予定はないが、もしも明日、大谷投手が投げたらヤンキースファンも驚愕することだろう。

 

[ 2021年6月30日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧