アイコン ホビージャパン社、転売を正当化発言で編集者を退職処分、管理監督者ら3人降格へ

報道によれば・・・

ホビー雑誌「誌月刊ホビージャパン」を発行する出版社・ホビージャパン社が26日、同社の公式サイトで、ホビー商品の転売行為を容認する趣旨の発言をSNS上で行っていた編集者を退職処分とすることを発表した。

同社は「弊社社員のSNS等での不適切発言に関する社内処分につきまして」と題し、ツイッターを更新。
「該当社員 月刊ホビージャパン編集部 編集担当 退職処分」と明かした。さらに管理監督者の常務取締役編集制作局長を取締役とするなど、3人の降格人事も発表した。

以上、報道より参照



 

 
 

 

ネットの反応では・・・

「退職処分て厳しいな」

「発言だけじゃなく、当事者だからでた言葉だったとすれば退職もやむなし」

「転売はネットで簡単に売買できるようになって広まった。どっかで押さえこまないと終わらん」

「コンサートや公演とかのチケットはすでにダフ行為で引っ張られるからな、あまりにも酷い場合は同じようにしてくれないかね」

「大元が転売してたとすれば目も当てられない」

などの声があがっている。

 

ちなみに・・・

今回、退職処分となった編集者は、自身のSNSで「転売を憎んでいる人たちは、買えなかった欲しいキットが高く売られてるのが面白くないだけ」「頑張って買ったひとからマージン払って買うのって、普通なのでは」などと発言し、ネット上で炎上騒ぎとなっていた。

ホビージャパン編集部 @HobbyJapan_MAG
https://twitter.com/HobbyJapan_MAG/status/1418927693253386240

弊社社員のSNS等での不適切発言に関する社内処分につきまして
http://hobbyjapan.co.jp/news_release/detail.html?id=6

 

[ 2021年7月27日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧