アイコン マツダ アクセラ 7.4万台リコール エアバッグで負傷のおそれ

マツダは7月1日次のとおりリコールを国交省に届け出た。

不具合の部位(部品名):エアバッグ装置(運転席エアバッグ・モジュールカバー)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因:

運転席エアバッグにおいて、(ハンドルの)モジュールカバーのブランドエンブレムの材質が不適切なため、加水分解により劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時に破損して飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

 

改善措置の内容:全車両、運転席エアバッグ・モジュールカバーを対策品と交換する。

不具合件数:0件 /事故の有無:無し

対象車両:1車種9型式、アクセラ

対象台数:74,231台

製作期間:平成15年5月16日~平成18年9月4日


 

[ 2021年7月 2日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧