アイコン 吉田拓郎 私は今日まで生きてみました


 

 

今日までそして明日から

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかの力を借りて
時にはだれかにしがみついて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 私は思っています
明日からも
こうして生きていくだろうと

吉田拓郎

スポンサーリンク
 
 

 

「この歌で力を貰いました」「明日から頑張ろうって思えます」など、いつの時代のどんな世代にも響く歌というものがある。

まさに「私は今日まで生きてみました」はそうだ。

この歌がこの世にでたのは1970年、いまから50年前。

日本のノスタルジーを背負わされたような歌でもある。

吉田拓郎の朴訥な声に、楽曲に、この詞が、昭和を思い起こさせる。

 

生きてみました」

この歌の一節、「生きてきました」ではなく「生きてみました」という、なんとなく、片意地はらず、やってきた感じ。

「ああ、苦しんでまで頑張らなくていいんだな」と思わせ、おそらく吉田拓郎にしか書けなかったろうと思う一節。

苦しんできたわけでもなく、道を外れたわけでもない、いろいろ試しにやてってきたらここまできた・・みたいな。

 

しかし逆に、未来に対しては「生きてみよう」ではなく「生きていく」となっているのは、ちょとだけ頑張ってみようという意思にもとれる。

 

わたしにはわたしの生き方がある
それはおそらく自分というものを
知ることから始まるものでしょう
けれど それにしたって
どこで どう変わってしまうか
そうです わからないまま生きていく
明日からの そんなわたしです

 

コロナ禍の中、楽しいことよりも辛いことの方に、目がいきがちになっている。

幸せよりも不幸に。喜びよりも怒りに。

今の状況ではわからないでもない。

 

それでも明日から、少しだけでも頑張ろうとする力を、ちょっとだけ人にやさしく、そんな感覚を与えてくれる力が、この歌にはあると思う。

 

[ 2021年7月12日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧