アイコン 渋沢栄一 「本当の商業の姿とは・・・」 【格言名言】

事業を行って得た私の利益というものは

すなわち公の利益にもなり

また公に利益を与えることを行えば

それが一家の私利にもなるということが”本当の商業”の姿である

渋沢栄一、『国富論』より

 
 

 

人間、私利私欲があって当然である。

 

人は欲深い。

起業して商売をしようという自我が強い人間ならなおさらだ。

高級な時計をはめたい、大きな家に住みたい、高級車を乗り回したい、いい女と歩きたい。

それはモチベーションとしてあって当然。

 

しかし、それだけではいつか行き詰る。

だが「公」があって「私」があり、またその逆もしかり。

 

地域のためになることを、不便な人たちを助けることを、誰かの未来に光が射すようなことを。

さらに上を目指すなら、公のためになることを考えて、商いをするべきである。

 

 

 

 

 

[ 2021年8月11日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧