アイコン ホンダ 中国で1500万台販売達成

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京)は7月12日、中国での四輪車累計販売台数1,500万台を達成したと発表した。
1999年1月の販売開始以来、22年6ヶ月での達成となり、Hondaのグローバル地域別販売として史上最速ペースでの到達となった。加えて、ハイブリッド車の累計販売も、2016年の販売開始以来、4年7ヶ月で50万台に達した。

「ACCORD(アコード)」、「CR-V」などのグローバルモデルに加えて、「CRIDER(クライダー)」など、中国のニーズを踏まえて開発した中国専用モデルを通じ、環境に優しく、操る喜びに溢れた商品を提供してきた。

2016年には、Honda独自の高効率ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をアコードに搭載し、ハイブリッド車の販売を開始。高次元の走行性能と環境性能を両立するi-MMDならではの価値を届け、ラインアップの拡大を進め、現在では9車種のハイブリッドモデルを提供している。
さらに、今年の2月には、Hondaとして中国で初めてとなるプラグインハイブリッドモデル「CR-V PHEV」の販売を開始するなど、電動車のラインアップを一層拡充した。

 

Hondaは、持続可能な社会の実現に向けて、2050年「カーボンニュートラル」、「交通事故死者ゼロ」という目標を掲げている。特に、電動化やICV進化がいち早く進む中国では、5年以内に10車種のHondaブランドのEVを投入するなど、電動化・知能化を一層加速させるとしている。
以上、

2012年の尖閣暴動、進出していた日本の自動車業界はどうなることかと心配されたが、トヨタは時間がかかったが、ホンダは1年で回復させていた。
日本勢の落ち込みの間に韓国勢が台頭、2016年には179万台販売するなど中国市場で急成長を遂げていた。しかし、THAAD問題から不買運動に会い、その間、中国車の性能も上昇して韓国車のコストパフォーマンスもなくなり、昨年はピークから▲110万台減の66万台だった。
この間、中韓はキムチ論争、韓服論争、歴史問題などでネット戦争を繰り広げており、自動車販売の回復は見込まれそうにない。

0713_10.jpg

 

[ 2021年7月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧