アイコン みやま市で自動運転サービス19日から開始

国交省は、高齢化が進行する中山間地域における生活の足の確保等のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの実証実験を平成29年度より全国18ヶ所で実施してきている。
この度、技術面やビジネスモデル等に関する実験結果を踏まえ、7月19日(月)より、福岡県のみやま市において、関係機関が協力し九州で初めて本格導入する。
なお、本サービスについては、地域のご意見や運行時期の特性等踏まえながら、運行計画等随時見直しつつ、よりよいサービスを目指す。

 

(1) サービス開始日:令和3年7月19日(月)~
運行日:月曜日~金曜日(運休日:土日、年末年始、GW、お盆)
(2) 走行ルート:バイオマスセンター「ルフラン」 ~山川市民センター~地元商店(Aコープ山川店)
全長(往復)約7.2km
(3) 運賃:100円/回(小学生、65歳以上は50円/回)
(4) 運営主体:みやま市
※運行管理は交通事業者に委託。
(5) 使用車両:ヤマハ発動機株式会社製
定員6人(乗客4名)
走行速度12㎞/h
導入台数1台
以上、国交省

実証実験だとしても完全自動運転車導入、日本もついにと喜んだものの、実際は道路に電磁誘導線を埋め込み、そこを走らせるものだった。20年も30年も前から走っているゴルフ場のカートの延長線上のもの、今の時代に残念すぎる。
世界のデジタル化の波は日本では省庁・官庁が遮断しているようだ。新コロナこそ遮断してもらいたいものだが、厚労省検疫当局の水際作戦はじゃじゃ漏れ状態が続いている。
また、いつまで実証実験やっているのやら、先進国や中国では考えられない時間の長さだ。

[ 2021年7月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧