アイコン 中国、猿Bウイルス感染症で研究員死亡 米では猿痘ウイルス感染症

 

中国国営の「グローバルタイムズ」は17日、北京の霊長類研究機関に勤務していた53歳の獣医が「サルBウイルス」に感染して治療を受けていたが、5月27日に死亡したと報じた。

この獣医は、今年3月に死んだ猿2頭を解剖してこのウイルスに感染し、それから1ヶ月後に吐き気と嘔吐の症状を見せたことが分かった。

中国で人間がこのウイルスに感染したのは初めてだと、グローバルタイムズ紙は伝えた。この獣医と接触した人たちの中で、追加の感染者はいないという。

猿Bウイルスは、ヘルペスウイルスの一種で、感染した猿に噛まれたり掻かれたりしたり、または猿の分泌物が人の目の粘膜のようなところに飛ぶと感染する可能性がある。
人から人へと感染できるウイルスで、致死率が70~80%にのぼる。

米国では、
ワシントンポストは16日、米テキサス州北部のダラスでは、希少感染病であるサル痘(Monkeypox)ウイルス感染者が発生したとが報じた。
ダラス郡保健当局は同日、最近アフリカ・ナイジェリアを訪問したダラスの住民がこのウイルスに感染した事実を確認したと発表した。
この感染者は今月8日、ナイジェリア・ラゴスから米デルタ航空の飛行機に乗って、アトランタを経由し、9日ダラスに到着した。
米疾病統制予防センター(CDC)が、飛行機で感染者と接触した人々を把握し、連絡を取っている。
ダラス郡当局は、「新型コロナウイルス予防のためマスク着用が求められたため、このウイルスが飛行機や空港で飛沫を通して他の人に拡大した危険性は低い」と明らかにした。

サル痘ウイルスは、牛頭ウイルスに似た種類で、1958年に初めて発見された。人が感染すると、インフルエンザに似た症状を見せながらリンパ節が腫れ、顔と体に広く発疹が現れる。
CDCによると、感染者は100人に1人の割合で死亡するという。

人間の感染事例は1970年、コンゴ民主共和国で初めて確認された。

米国では2003年、アフリカのガーナから輸入された猿から感染が始まり、47人の感染者が出たことがある。

[ 2021年7月20日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧