アイコン トヨタG 上半期2年連続の首位 31%増の546万台販売


トヨタが29日発表した2021年1~6月までのトヨタグループ(トヨタ+ダイハツ工業+日野自動車)の世界販売台数は前年同期比31%増の約546万台で、年上半期の過去最高を更新した。
自動車販売が米・中を中心に回復している。独VWの同28%増の約497万台を上回り、この期間では2年連続して世界首位になった。

グループ全体の世界生産は前年同期比35%増の約529万台。特に海外生産は47%増の317万台で過去最高を更新。
販売と生産が好調だった理由は、販売車両の支持、サプライヤーや生産・調達部門が一体となり半導体不足の影響を限定的にしたことがあげられている。
「トヨタ」「レクサス」ブランドに限ると世界販売台数は33%増の約500万台、うち海外販売は37%増の約418万台。
いずれも年上半期で過去最高だった。
米国では多目的スポーツ車(SUV)のハイランダーやヴェンザ(ハリアー)、中国ではカローラやレビン、レクサス車が好調。国内販売も15%増の約81万台だった。

スポンサーリンク

HV、PHV、EVといった電動車の販売台数は64%増の約131万台だった。
新車販売に占める電動車比率は26%で、前年同期の21%から5ポイント上昇している。北米や欧州、中国で電動車が伸びている。

「トヨタ」、「レクサス」ブランドの世界生産台数は36%増の約451万台。うち海外生産は47%増の約295万台。販売が好調だった中国などがけん引した。国内生産は20%増の約155万台だった。

6月単月の実績では、「トヨタ」「レクサス」ブランドの世界販売台数は前年同月比で20%増の84万台、6月として過去最高を更新。10ヶ月連続で前年同月を上回った。
世界生産は同41%増の83万台で同じく過去最高を更新している。
同社は、東南アジアなどで新コロナ感染が広がっていることや半導体不足については引き続き状況を注視する必要があるとしている。

なお、ベトナムでは感染拡大を受け、トヨタのサプライチェーンが寸断されつつあり、ベトナムなどからの部品供給が減少、トヨタの日本の生産工場の一部が一時操業停止に追い込まれている。
ベトナムでは感染が急拡大、これまで感染者数が少なかったことから、ワクチン接種も大幅に遅れており、社会主義政権でもあり、このまま感染が拡大すれば、工場ストップも含めたロックダウンする可能性もある。


0729_02.jpg

[ 2021年7月29日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧