アイコン 日産と三菱 軽EV22年度初頭に販売開始


三菱自動車は、NMKV(日産+三菱)で企画・開発を進めている新開発の軽自動車EVを国内で2022年度初頭に発売を予定している。

この軽自動車EVは、EVならではの滑らかで力強い走りと高い静粛性を実現するとともに、運転支援技術をはじめとする、様々な先進技術を搭載する。

全長/全幅/全高は、3395mm/1475mm/1670mmとし、取り回しに優れて運転しやすく、安心・安全、快適に乗れる。また総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載し、日常での走行に充分な容量を確保するとともに、万が一の際は、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭へ供給するなど、非常用電源としても活用できる。
価格は、実質的な購入額が約200万円からとなる見込み。
以上、

スポンサーリンク

高さが高い軽、国や地方の補助金を利用して200万円は安いか高いか。

中国では、エアコンつきで70万円を切る価格のEVがシティチョイ乗り(1充電120キロ走行)でバカ売れしている。
よほどデザインが良くなければ期待薄だろう。

日産のEVデザインはおっさんたちが求めていないおっさんタイプで、じっちゃんにしか売れていない。
三菱はカーデザインを発表していないので、中国の65万円車を添付した。

↓上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」、エアコンなしのベースグレード車は50万円を切り、9.3kWhの容量のバッテリー搭載、エアコンありは70万円を切る価格で販売されている。昨年7月販売開始、12月まで12万台販売、現在、EVで世界一売れている車両。こんな車が今後、東南アジアでも販売されることになる。


0830_05.jpg

[ 2021年8月30日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧