アイコン トヨタ・ランクル新型車販売開始


トヨタは新型車のランドクルーザーを8月2日から販売開始した。ランクルは1951年8月、強力なエンジンを備えた4輪駆動車、TOYOTA BJ型として誕生し、以降70年にわたり、それぞれの時代で「お客様をはじめ、このクルマに関わる様々な人々に安全と安心をお届けすること」を目指すとしている。
世界各地で人の命や暮らしを支える、また、より豊かな人生を支える存在として「どこへでも行き、生きて帰ってこられること」を使命としてきたランドクルーザーは、その本質である「信頼性・耐久性・悪路走破性」を世界中のお客様の使用実態に基づいて鍛え、進化させてきた。
これまで累計約1,060万台、年間30万台以上のランドクルーザーを、世界170ヶ国と地域に提供している。
■「継承と進化」、「運転しやすく、疲れない」クルマを目指し刷新
今回、2007年に導入した従来型(200シリーズ)をフルモデルチェンジするにあたり、以下の点を狙いに開発を進めた。
●信頼性・耐久性・悪路走破性は進化させつつ継承
●世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現
これらを踏まえ、フレーム構造は踏襲しながらもTNGAの考えに基づくGA-Fプラットフォームを新たに採用。
長年にわたる技術の積み重ねと最新技術を融合し、素性を刷新している。
以上、

スポンサーリンク

 

性能が良過ぎて故障知らずでタフ、砂漠のイスラム過激派が大量に利用して大行進、トヨタが販売したのではと疑われた時期もあった。

↓質実剛健、何かレトロのようなスタイルになっている。
0801_01.jpg
 

[ 2021年8月 2日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧