アイコン 中国の9月のPMI 製造業悪化の49.6%、非製造業改善53.2%


中国国家統計局が30日発表した9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.6と、前月より▲0.5ポイント低下した。

好不調の境目である50を下回るのは、新コロナが直撃した昨年2月以来、1年7ヶ月ぶり。国内各地で広がった電力不足による供給制限で工場の稼働率が落ち、景況感が一段と悪化している。石炭火力に発電に依存している地域で電力不足は生じており、すでに3業4休を実施している工業団地もあるという。

今年3月をピークに6ヶ月連続で前月の水準を下回った。

大企業は0.1ポイント改善し、節目の50も上回った。

一方、中堅企業と中小零細企業はいずれも下落し50も下回った。

スポンサーリンク

なかでも中小零細企業はコスト高の価格転嫁が進んでおらず、景況感の冷え込みぶりが目立った。
PMIは製造業3000社を対象に調べる。新規受注や生産、従業員数など項目ごとに調査する。50を上回れば前月より拡大、下回れば縮小を示す。
国務院発展研究センターは、「需要不足が最も突出した困難だと捉える企業が3分の1以上に上り、内需不足が一段と問題になっている」と分析している。

主要原材料の購入価格指数と工場出荷時価格指数は、それぞれ63.5%と56.4%で、前月より2.2ポイントと3.0ポイント高く、どちらも4ヶ月連続して上昇している。

また、非製造業のPMIは9月の非製造業活動指数は53.2%で、前月より5.7ポイント高く、50ポイントを上回った。非製造業活動レベルは急速に回復した。
 サービス業の事業活動指数は52.4%で、先月より7.2ポイント高かく、サービス業は改善した。
調査対象の21産業のうち、拡大範囲の産業の事業活動指数は前月の7から16に上昇した。生態保護や環境ガバナンスなどの産業の事業活動指数はすべて臨界点を超えてリバウンドし、総取引量は比較的明らかな回復成長を示している。同時に、資本市場サービスや不動産などの産業の事業活動指数は、50ポイントを下回っており、景気は低迷している。

火力発電用の石炭問題が冬まで長引けば、一方で不動産大手は信用不安に陥っており、早期に解決できなければ、経済全般への影響はそれぞれ大きく、中国経済がグチャグチャになる可能性もある。

0930_08.jpg

[ 2021年9月30日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧