アイコン フェルメール「窓辺で手紙を読む女」修復「キューピッド」現れる 来年都美術館で公開予

ドイツのドレスデンにあるアルテ・マイスター絵画館で、オランダの画家フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」の修復が終わり、報道陣に9日公開された。
フェルメールは、画面上部の壁面にキューピッドを描いたが、死後に別人が上塗りで隠した。3年がかりで上塗りを取り除き、キューピッドの全身が現れた。

1657~59年ごろの作品。

手紙を読む女性の背後には、修復前まで褐色の壁が描かれ、キューピッドが完全に覆われていた。

今回、絵画の中にキューピッドの絵を描いた「画中画」の作品として蘇った。

来年には、東京都美術館などで公開が予定されている。

 

『窓辺で手紙を読む女』は、

開かれた窓のそばに立って手紙を読む横向きの金髪のオランダ人女性が描かれている。
内向きに開かれた窓には赤いカーテンが垂れかかり、窓ガラスの右下には女性の姿が映し出されている。画面手前には房飾りがついた黄褐色のカーテンが掛けられ、女性が立つ部屋の4分の1程度を鑑賞者の目から隠している。
女性が着用している緑の衣服と、テーブル上の赤いラグに乗せられた傾いた果物皿にカーテンの色が反射し、陰を落としている。果物皿のそばには半分に割られて種がむき出しになった桃がある。

0910_05.jpg

[ 2021年9月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧