アイコン 中国政府、物価上昇に備蓄原油を供給


中国は9月に入り、食糧から燃料に至るまでのすべてのコストの上昇によってもたらされたインフレを鎮圧しようとする前例のない動きで、戦略的国家備蓄から数百万バレルの石油を供給した。
中国は約300万トン(または2200万バレル)を主要な製油所に供給する。この決定は、パンデミック後の景気回復によって引き起こされた高騰するコストを抑えるための、世界第2位の経済大国による多数の措置の最新のもの。
以上、

スポンサーリンク

日本でもガソリン価格が150円を突破している。揮発油税に消費税を掛けていることは見直すべきではないだろうか。ガソリン価格の半分弱が税金になっている。

 新コロナでまた特別税を徴収するのだろうか。
ソーラー発電では一世帯当たり年間1万円以上支払い続けている。ソーラー発電所の乱開発により自然破壊、土砂崩れ、土石流、・・・国は防災工事のイタチごっこ。支離滅裂。ソーラー発電所の多くが投機対象、所有者がころころ変わっているものも多くあり、20年経過すれば意図的に倒産して放置するソーラー発電所が日本を覆うことになるだろう。

↓中国の消費支出(年換算値)
0910_09.jpg

↓中国のコアインフレ率
0910_06.jpg

 

[ 2021年9月10日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧