アイコン 北朝鮮 射程1500キロ 8の字軌道の巡航ミサイル発射実験・成功と

北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、新型長距離巡航ミサイル発射実験をしたと報じた。

同通信は「国防科学院は9月11、12の両日、新開発した新型長距離巡航ミサイルの試射を成功裏に行った。

発射された長距離巡航ミサイルは、わが国家の領土と領海上空に設定された楕円および8字形飛行軌道に沿って7580秒を飛行して1500キロメートル界線の標的を命中した」と主張し、「試射を通じて新しく開発したタービン送風式エンジンの推進力をはじめとする技術的指標とミサイルの飛行制御性、複合誘導結合方式による末期誘導命中正確性が設計上の要求を全て満たした。総評、兵器システム運用の効率と実用性が優れたものに実証された」とした。

同通信、当長距離巡航ミサイルを「兵器システム開発5ヶ年計画の重点目標の達成において大きな意義を持つ戦略兵器。この2年間、科学的で頼もしい兵器システムの開発プロセスに従って推進されてきたし、この過程に細部的な部分試験と数十回のエンジン地上噴出試験、相異なる試験飛行、制御誘導試験、戦闘部威力試験などを成功裏に終えた」と強調した。

 

続けて「党中央の特別な関心の中、中核的な事業として頑強に推し進められてきたこの兵器システムの開発は、わが国家の安全を一層しっかりと保障し、敵対的な勢力の反朝鮮軍事的しゅん動を強力に制圧するもう一つの効果的な抑止手段を保有するという戦略的意義を持つ」と評価した。

ただ、今回の実験について、同通信は、発射位置と標的が設置された場所は公開しなかった。新型ミサイル発射時に現場を訪れたりしていた金正恩委員長も参観しなかった。代わりに7日に政治局常務委員に上がった朴正天党秘書をはじめ、金正植軍需工場部副部長、全日好国防科学院党秘書が発射現場に臨んだ。

北朝鮮のミサイル発射は1月22日と3月21日の巡航ミサイル、同月25日の弾道ミサイルに続き今年に入り4番目のミサイル発射実験となる。
以上、

北朝鮮はミサイルに翼を持たせ、変則変速軌道のミサイルを開発してきている。迎撃はほとんど不可能だとされている。
誰かさんの敵陣攻撃もいまや北朝鮮のミサイルは、固体燃料式の車両移動式ミサイルでありどこにあるのかさえ判別不能。あくまで発射兆候を受けての敵陣攻撃ではなく、先制しての敵陣攻撃か報復攻撃となる。

いまや北朝鮮は核やミサイル開発に明け暮れ、南朝鮮は巡航ミサイルはすでに保有し配備している。先日は大型バンカー爆弾ミサイルの発射実験に成功するなど両国はミサイル開発競争に余念がない。
南は宇宙ロケット実験を10月に予定、成功すれば多段式超長距離ミサイル開発に弾みがつく、現在、4.5世代のKF-21ポラメ戦闘機を開発中、潜水艦どころか空母まで建造する。さらに南の国も射程圏内に入っている。・・・なんだか・・・刃物の様相。

0913_03.jpg
 

[ 2021年9月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧