アイコン 若者の「親ガチャ」という言葉が話題に/努力しても意味ないがないのか?

ネットニュースでは・・・

「みなさん、『親ガチャ』という言葉をご存知でしょうか。子どもは親を選べないという意味なんですけれども、この言葉が今、議論になっています」と司会の羽鳥慎一が切り出した。15日(2021年9月)の放送。
「親ガチャ」とは、「どういう境遇に生まれてくるかは運任せ」ということを、何が出てくるのか分からないカプセル式のおもちゃに例えた言葉。自分の境遇に恵まれていなことを「親ガチャにはずれた」と嘆くなど、若者の間で使われている。

努力しても...

ネット上には、「親ガチャで容姿、頭の良さ、運動神経はほぼ確定。努力すればいいという話ではない」「親ガチャ、友達ガチャ、教師ガチャ、上司ガチャ。人生は運」「さすがに親ガチャという言葉は嫌い。自分の失敗を全部他人のせいにしている」「親ガチャを批判している人はだいたい親ガチャに当たった人」といった意見がある。

以上、以下より参照

 

スポンサーリンク
 
 

 

ネットの反応では・・・

「自分の子供から言われないように頑張ろう」

「怖いこと言うな、最近の子らは」

「努力しても意味がないことはないだろうに、極論すぎる」

「何もしなくてもというわけじゃないだろ、親がSSRの場合でも自分を磨かないと」

「俺の親ははっきりいってN以下。それでも俺はLRになってみせるわ!」

などの声が上がっている。

 

 

[ 2021年9月21日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧