アイコン 三菱 新型『アウトランダー』PHEVモデル発表 モーター前後2基搭載


三菱自動車は、今冬に発売予定の新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルに、進化させた車両運動統合制御システムS-AWCを採用し、さまざまな天候や路面において安全・安心で快適な走りを提供する。新型『アウトランダー』のPHEVモデルは、前後それぞれに1基ずつ駆動用モーターを搭載するツインモーター4WDを採用している。

モーター特有の高い応答性や前後モーターを高精度で自在に制御できるという利点を生かし、前後輪の駆動力を路面状態や運転状況に応じて最適に配分。
これに車両運動統合制御システムS-AWCを組み合わせ、「走る」「曲がる」「止まる」という運動性能を飛躍的に高めている。

スポンサーリンク

今回の進化させたS-AWCでは、従来は前輪のみであった左右輪のブレーキ制御を後輪にも追加することで、従来よりも前輪への負担を軽減し、四輪のタイヤ能力をいっそうバランスよく最大限に引き出すことが可能となり、ドライバーの思い通りのハンドリングを実現し、あらゆる状況で安全・安心で快適な走りを提供する。

S-AWC =Super-All Wheel Control。アクティブスタビリティコントロール(ASC)やアンチロックブレーキシステム(ABS)に加え、ブレーキで左右輪を制御するタイプのアクティブヨーコントロール(AYC)を統合制御した三菱自動車独自の四輪制御技術
以上、

「アウトランダー」大分こなれてきたようで、当初のPHVは商用車のライトバンかいなと思うほどのデザイン、売れると思ったのだろうか。それも価格的には中・高級の部類。
新型ではデザインが洗練され、安定感のある質実剛健で乗用車のデザインとなっている。


1001_06.jpg

[ 2021年10月 1日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧