アイコン 恒大など中国大手不動産会社に簿外債務浮上


JPモルガンの推定によると、経営危機に陥っている中国恒大集団など中国不動産大手の多くが数十億ドル規模の簿外債務を抱えている。これらを考慮するとレバレッジ比率が急上昇するという。

レバレッジ比率とは、自己資本に対する他人資本(=負債)の割合を示す数値

JPモルガンの中国・香港担当不動産アナリストは、このような手法は昨年導入された新たな借入上限ルールを順守しているように見せるために活用された可能性が高いと指摘。ただ、中国恒大は最も極端なケースだとした。

「中国恒大は、デレバレッジ(債務圧縮)の代わりに有利子負債の一部をオフバランス化したようだ」とし、これには公式には負債と見なされないコマーシャルペーパー(CP)や財テク商品などが含まれるとした。

スポンサーリンク
 
 

JPモルガンの推定によると中国恒大のレバレッジ比率は上半期時点で少なくとも177%。決算数値は100%だった。

その他の不動産大手では、

広州富力地産が決算数値の123%に対しJPモルガンの推定が139%、

融創中国が87%に対して138%、

碧桂園が50%に対して76%

となっている。


 

[ 2021年10月 8日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧