アイコン 中国2題 恒大23日期限の95億円利払い支払う/中国製品急騰


中国の不動産デベロッパー最大手の恒大集団は、9月23日に期限を迎えていたドル建て債利払いの資金を今月21日に受託者の口座に送金した関係筋が22日に明らかにしたとロイターが報じた。翌23日が30日間の利払い猶予期間の期限で、土壇場でデフォルトを回避することになる。

21日にドル建て債の利払いとして8350万ドル(約95億円)をシティバンクの受託者口座に送金したという。これにより、全ての社債保有者が利払い猶予期間が終了する23日までに利払いを受けられることになる。利払い資金の送金については中国政府系の証券時報が先に報じていた。

これを受け、東証株価は若干値上がった。

中国製品急騰

安かろう、・・ろうの中国製品、今では大手メーカー品は品質も向上し世界を席巻している。

その中国製品が、資源高騰、鉄鋼製品・アルミ製品・レアメタル組み込み製品高騰、半導体・ディスプレー製品高騰、電力高騰、物流経費・船賃高騰などで大幅に値上がりしている。中国は世界最大のサプライチェーン国でもあり、その影響は計り知れない。

スポンサーリンク

景気回復中の世界経済に対して、中国製品の堅調な輸出も値上がりし過ぎれば、世界経済を牽引する消費に大きく影響し、不況に陥るなかでの物価高、世界経済がスタフグレーションの悪循環に陥る可能性もすでに示唆されている。

中国経済は、電力危機・不動産危機により、すでに低迷しており、9月の生産者物価指数は10.7%も急騰、10月もさらに上昇しているものと思われる。

 資源価格の高騰も原油や天然ガス・石炭のエネルギー価格の高騰も、世界経済の回復もあるが、それを製品化する中国にすべて起因している。中国政府のこの間の政策も大きく影響している。

トランプはサウジに増産しろと恫喝を入れていただろうが、バイデンはワクチン接種も頭打ちになり、とるところがなくなってきている。

これは経済問題では、ほとんど無知のトランプに、それを補完する錚々たる兵のスタッフが陣取っていたが、バイデンのスタッフに際立った人がいないことによるものだろう。


 

[ 2021年10月22日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧