アイコン 工作機械 上半期受注26.1%増で半期としては過去最高

 

 

日本工作機械工業会は19日、2018年上期(1~6月)の工作機械受注総額が前年同期比26.1%増の9,640億56百万円になったと発表した。
半期ベースでは17年下期(8,813億39百万円)を上回り、過去最高を更新した。

欧米などの環境規制強化を背景に設備更新需要が高まった自動車関連や、半導体向けが引き続き好調だった。
うち、内需は前年同期間比33.7%増の3,837億82百万円、外需は21.6%増の5,802億74百万円だった。

スポンサード リンク

<6月単月>
なお、6月の受注総額は前年同月比11.4%増の1,593億04百万円、うち、内需は、15.2%増の630億19百万円、外需は9.1%増の962億85百万円だった。

中国・台湾・韓国などへの半導体向けは落ち着いてきているが、特に中国の国家戦略「中国製造2025」による新規工場投資に、これまで日本勢は大きな受注を勝ち取ってきた。

スポンサード リンク
[ 2018年7月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ