アイコン 攻勢に出たルネサス 米IDTを7330億円で買収へ 自動運転車をにらむ

 

 

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは11日、米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)の買収を決議したと発表した。
IDT株主総会の承認や当局の承認を得た後、2019年度(2019年12月期)上期中をめどに買収を完了する。
買収額は1株49ドルで、総額は約7330億円(1ドル/110円換算)。手元資金に加え、主要取引銀行から新たに約6790億円を調達する。
IDTは、通信・コンピュータ・一般向け機器などで使用する低消費電力で高性能なアナログ-デジタル混在半導体部品の設計と製造の会社、センサーやデータセンター向け半導体などに強みを持つ。
ルネサスはIDTを買収することで、自動運転の普及を見据え、自動車向け半導体事業を強化するのが狙いがある

ルネサスは2017年2月、パワーマネジメントIC企業の「インターシル社」を約3000億円で買収している。インターシル社は、産業、インフラ、モバイル、車載、航空宇宙機器向けの高効率パワーマネジメント半導体と高精度アナログ技術の開発を行っている。

スポンサード リンク

呉文精CEOはルネサスを完全自動運転車向け半導体やセンサーで、サムスン電子のような収益基盤の強固な企業に育て上げ、リストラ続きの同社の経営を反転させ、化けさせるようだ。

もう一社、完全自動運転車開発のためのAI会社を買収するのだろうか。
EMS(電子機器受託製造)やファウンドリ(半導体受託製造)メーカーが台頭する中、製造より脳味噌を持つ会社が今後有利となる。
そのためのM&A攻勢と見るが・・・
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ