アイコン 東総・広域ごみ処理場/八千代エ受注 東総地区広域市町村圏事務組合

 

 

 千葉県銚子、旭、匝瑳の3市による東総地区広域市町村圏事務組合の広域ごみ処理計画で、銚子市森戸町に設ける最終処分場の建設事業者が、29日の組合議会臨時会で決まった。5事業者による一般競争入札の結果、2事業者が全く同じ最低額となり、くじ引きで落札者を決めたという。
 最終処分場は敷地面積約2・1ヘクタール、埋め立て容量約3万7千立方メートル。埋め立て期間は20年とされる。

 組合事務局によると、入札は今月16日にあり、予定価格35億6193万円に対し、二つの共同企業体の入札額が最低の33億4200万円で並んだ。

工事は、大きく分けると「土木」「建築」「浸出水処理施設」など5種類で構成され、2者の内訳はそれぞれ数百万円~数億円の違いがあったが、合計額は一致していた。

臨時会では、議員らから「同額はあり得ない」「不自然だ」との声が上がったが、事務局は「内訳書の内容に差異があり、偶然同額になったと判断した」と答えた。副管理者の太田安規・匝瑳市長も「数字を聞いてがくぜんとしたが、入札過程で間違いはないとのことだったので、本当に偶然の中の偶然だと理解した」と述べた。

スポンサード リンク

広域ごみ処理施設建設に係る中継施設整備基本計画策定支援業務
公募型プロポーザル
審査結果報告書
1、審査業務名
・広域ごみ処理施設建設に係る中継施設整備基本計画策定支援業務
2、審査結果
(1)受託候補者:八千代エンジニヤリング株式会社千葉事務所
(2)次点者:株式会社日産技術コンサルタント千葉事務所
3、審査概要
(1)第1次審査:・参加申出書提出
2者※実施要領により参加申出書の提出が5者以下のため実施しなかった
(2)第2次審査
・審査日:平成29年6月27日(火)
・審査会場東総地区広域市町村圏事務組合大会議室
・参加業者2者
以上、
一般的に鼻薬はトクの多い人たちに良く効く。
10億円以上の官庁工事のほとんどはトク多き人たちが隅々まで群がっている。日本は一事が万事、トク多き人たちにより動いており、仕方ないことだろう。

スポンサード リンク
[ 2018年11月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ