アイコン EUの外交公電数千本漏出 中国ATPT10 か 61398部隊か

 

 

米紙ニューヨーク・タイムズは20日までに、欧州連合(EU)の通信システムが数年間、不正アクセスの攻撃を受け、扱いに注意を要する外交公電の数千本が漏出したと報じた。
流出を突き止めた米サイバーセキュリティー企業「エリア1」の情報としている。

不正侵入の手口は、中国人民解放軍のエリート部隊が長く用いてきたものと似ているとした。
同社は、ハッキングを受けた1100本以上の外交公電を提供したとし、同紙は一部をインターネット上で公開した。

エリア1の代表者はCNNの取材に、より多くの情報を近く公表するとした。
同社は米カリフォルニア州に本拠があり、共同創業者は米情報機関「国家安全保障局(NSA)」の元職員3人となっている。

タイムズ紙の取材に応じたEU事務局は、機微に触れる情報が漏洩した可能性は承知しているとし、調査を強化しているとした。

不正侵入が確認されれば、大胆な諜報収集活動とも受け止められる。

スポンサード リンク


中国外務省はCNNに寄せた声明で、タイムズ紙の報道は「疑わしく、根拠なく極めて無責任」と非難した。
「中国もサイバー上のスパイ活動や攻撃の被害者であり、またサイバーセキュリティーの擁護者である」ともした(中国政府がいつも弁明で使用する言葉)。

タイムズ紙がインターネット上で明らかにした、流出したとみられる外交公電の多くは、通常の種類のものとなっている。ただ、一部はEU幹部と世界の指導者の間の個人的な会見の要約が含まれる機密性の高い内容となっている。

今年7月の公電では、習近平・中国国家主席との話し合いに触れ、米国は「あたかもルールがない何でもありのボクシング試合」に臨んでいるような振る舞いを見せているとの記述があった。
この表現をした人物は不明となっている。

米中は現在、厳しい通商摩擦に直面しているが、今月初旬の首脳会談で「一時休戦」とも言うべき妥協にたどりついていた。
ただ、貿易摩擦が終わったわけではなく、両国間の今後の交渉次第で新たな高関税が課される事態も有り得る。
米国などはこれまで中国政府が背後にいるとする敵対国への不正アクセス攻撃を再三非難。中国政府はこれを否定し続けている。
今月には米ホテルチェーン大手「マリオット」で顧客ら3億2700万人の氏名などの個人情報の流出が発覚。中国の仕業との報道もある。
米サイバーセキュリティー企業「ファイアアイ」は昨年、中国政府が後ろ盾のハッカーが、韓国内に配備される米国製のミサイル防衛システムへの不正侵入を試みたとも報告していた。
以上、CNN参照
別途、米連邦裁「APT10」の2人を起訴の記事あり。

コンピュータを作った米国が、セキュリティ対策に必死になっている。コンピュータが一人歩きしているとでも言えようか。

すべての情報にウンコを付けて、そのウンコの臭いを辿れば分かるようにすればいいだろうが、消臭スプレーもあるし、困ったもんだ。1個のウンコを付ければ、万個のウンコに拡散させ、相手をウンコだらけにする方法はないのだろうか。臭くてハッキングどころではなくなるだろうに。臭いで壊しちまえ。

米AREA1のHP(英語)
https://www.area1security.com/

スポンサード リンク
[ 2018年12月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ