アイコン 有名ブランドのZOZO離れ 社長のイメージがマイナスか

 

 

前澤友作社長(43)率いる絶好調にみえるZOZO(ゾゾ)から有名ブランドの“ゾゾ離れ”が止まらないと話題になっている。

昨年末にアパレル老舗のオンワードが衣料品通販サイトのZOZOTOWN(ゾゾタウン)から退店を決めたのに続き、大手子供服ブランド「ミキハウス」も出品を見合わせたことが分かった。

 ゾゾタウンのサイトで「ミキハウス」の商品を検索しようとすると「メンテナンスのお知らせ」と表示され、販売停止のお知らせページが現れる。7日夕方からは検索一覧からも姿を消し、購入できない状況だ。

以上報道より参照

「メンテナンス」の理由についてゾゾに問い合わせたが、16日朝までに回答はなかったという。

前澤社長があまりにもイメージが強く、それも良い方向ではない。

そろそろ裏方に戻った方がいいのかもしれない。

スポンサード リンク
 

 

「1億円のお年玉企画」や「月旅行」などが話題のZOZO(ゾゾ)、前澤友作社長(43)だが、有名ブランドの“ゾゾ離れ”が止まらない。昨年末にアパレル老舗のオンワードが衣料品通販サイトのZOZOTOWN(ゾゾタウン)から退店を決めたのに続き、大手子供服ブランド「ミキハウス」も出品を見合わせたことが夕刊フジの取材で分かった。

http://www.zakzak.co.jp/eco/news/190117/eco1901170008-n1.html

スポンサード リンク

[ 2019年1月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ