アイコン インドネシアの現実 公衆での抱擁・公開鞭打ちの刑

 

 

インドネシア・アチェ州で31日、公衆の面前で抱擁を交わしたことによりシャリア(イスラム法)に違反したとして、10代の男女2人に対する公開むち打ち刑が執行された。
 スマトラ島の最北端に位置する保守的なアチェ州では、賭博や飲酒、同性愛者間の性行為、婚外交渉などが違法とみなされ、罰としてむち打ち刑が適用される。
 州都バンダアチェのモスク(イスラム礼拝所)前に詰め掛けた数百人の目の前で、いずれも18歳の女子大生とその交際相手が17回ずつむちで打たれた。
2人は刑の執行に先立ち、数ヶ月間収監されていたという。

スポンサード リンク

世界最大のイスラム人口を持つインドネシアの中でも、シャリアが施行されているのはアチェ州だけ。
以上、AFP参照

ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ前知事は、発言の言葉のアヤからイスラム教を冒涜したとして、イスラム教徒から大批判を受け、再選の選挙では決選投票で敗れ、その後、冒とく罪で2年の禁固刑が科せられた。シャリアはインドネシア全土に今も生きている。ご注意を。

0201_07.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年2月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ