アイコン 長岡市官製談合 検査監と星野伊佐夫議員秘書らを逮捕 しなの産業 北澤工業

 

 

新潟県警は18日、長岡市が発注した下水道工事をめぐって、工事価格に関する情報を業者に漏らして落札させたとして、長岡市財務部の工事検査監を務める三本直一容疑者(60)を官製談合防止法違反などの疑いで逮捕した。
また、情報を仲介したとして県議会議員・星野伊佐夫議員秘書の金内省治容疑者(69)も逮捕した。
情報を取得した建設会社の「しなの産業」社員の関啓祐(75/同県小千谷市)、建設会社「北澤工業」社員の佐藤竹紀(59/新潟市)の2人も入札妨害の疑いで逮捕した。

スポンサード リンク

三本工事検査監は昨年6月、長岡市が発注した2件の下水道工事の一般競争入札で、市内の2つの業者に金内秘書を通じて工事価格に関する情報を漏らし、それぞれ落札させていたとして、官製談合防止法違反などの疑いが持たれている。

逮捕容疑となった2件の工事は、いずれも価格が下がりすぎないよう設定された「最低制限価格」と同じ金額で落札されたということで、警察が詳しいいきさつを調べている。
以上、

氷山の一角、日本は上から下まで仲良しクラブのお互い様の談合が制度化されている。

 

スポンサード リンク
[ 2019年1月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ