アイコン 大阪市役所で官製談合か アエルテクノスも捜索/大阪地検 電気工事案件

 

 

大阪地検特捜部は24日、大阪市役所の職員らが、電気工事の入札で非公表の価格情報を漏らし、官製談合を繰り返していた疑いがあるとして、大阪市の建設局や電気工事会社などを一斉に捜索した。
大阪地検特捜部が捜索しているのは、大阪市の「建設局」と「契約管財局」、それに、大阪の電気工事会社「アエルテクノス」の本社や事務所など。
建設局の複数の職員は、公園の照明灯の設置など、平成27年と29年に行われた3件の電気工事の入札で、非公表の最低制限価格のもとになる金額を、アエルテクノスの営業担当の社員に漏らした疑いがあるという。

アエルテクノスは、ほかの業者に情報を伝えて、最低制限価格に近い価格で工事を落札させ、下請けに入るなどしていたとみられている。

特捜部は、官製談合が繰り返されていた疑いがあるとみて、押収した入札の資料を分析するとともに、今後、担当の職員や工事の関係者から事情を聞き、不正の実態解明を進めるとみられる。
入札の情報を漏らしたとされる大阪市職員の自宅マンションには、午前7時半ごろ、特捜部の係官3人が捜索に入った。

スポンサード リンク

建設局の別の職員の自宅にも、午前10時すぎ、段ボールなどを持った特捜部の係官3人が捜索に入った。

大阪 中央区にある電気工事会社「アエルテクノス」の本社が入るビルには、午前9時すぎ、大阪地検特捜部の係官3人が、段ボールを持って捜索に入った。

大阪 住之江区のビルにある大阪市の建設局には、午前9時ごろ、特捜部の係官およそ10人が捜索に入り、40分後には、さらに20人ほどが段ボールを持って入った。
入札の資料などを押収しているとみられる。

建設局には午前10時前、担当者が「入り口を閉鎖します」などと書かれた紙を張り出し、ドアが閉められた。

大阪 中央区にある大阪市の契約管財局では、午前9時すぎ、特捜部の係官8人が、入札や契約の業務を担当する部署に捜索に入った。

 

アエルテクノス㈱の財務内容と業績 平成29年7月期/千円
流動資産
152,808
流動負債
19,798
 
 
固定負債
0
固定資産
12,578
自己資本
145,588
 
 
(資本金)
165,386
総資産
165,386
負債+資本
164,556
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
598,221
143,831
20,935
68.5%
・電気工事
・代表:渡辺照治社長
・本社地:大阪市中央区南本町2-1-11
<関係したと見られる大阪市発注の電気工事>
西三国木川線外3道路照明灯設置工事
逢阪公園公園灯新設工事
塩草地下駐車場ITV設備更新工事
日本万国博覧会記念公園東地区照明設備改修工事
新庄大和川線共同溝(第2工区)遠方監視装置改修工事
鶴見緑地公園(咲くやこの花館周辺地区)公園灯改修工事
臨港方面管内道路照明灯補修工事
天王寺公園公園灯改修工事
東部方面管内照明設備改修工事
東成区第756号線道路照明灯設置工事
など

スポンサード リンク
[ 2019年1月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ