アイコン 園子温監督 心筋梗塞で救急搬送 重症 まだ回復力ある57歳 監督作品一覧

 

 

映画の園子温監督(57)が7日午後4時半ごろ、東京・新宿区の住宅で「胸が苦しい」と訴え、心筋梗塞とみられる症状で救急搬送されていたことがわかったと報道されている。

病院で手当てを受けているが重症だという。
園子監督は日本を代表する映画監督の一人
早期の回復と新作映画公開を祈ろう。

スポンサード リンク

<監督作品と受賞>
LOVE SONG(1984年、劇場未公開)
俺は園子温だ!(1985年、劇場未公開)
愛(1986年、劇場未公開)
男の花道(1986年、劇場未公開)
決戦!女子寮対男子寮(1988年、劇場未公開)
自転車吐息(1990年5月12日)
部屋 THE ROOM(1993年10月23日)サンダンス映画祭 in Tokyo 審査員特別賞
BAD FILM(1995年当時未完、2012年完成。
Hi-8撮影によるオリジナルビデオ。2015年1月6日DVD発売)
桂子ですけど(1997年2月8日)
男痕 -THE MAN-(1998年10月31日)
0cm4(パリコレクションバージョン)(1999年7月14日)
うつしみ(1999年12月18日)
ある秘かなる壺たち(2000年2月7日)- 公開時のタイトルは「性戯の達人 女体壺さぐり」
風(2001年1月27日。製作は1998年。16mmフィルム作品)
父の日(2001年、劇場未公開)
自殺サークル(2002年3月9日)
第7回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 画期的映画部門観客賞・画期的映画賞審査員賞
プロムナイト(2002年、未完)
ノーパンツ・ガールズ 大人になったら(2005年11月12日。製作は2004年)
夢の中へ(2005年6月11日)
Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年12月24日)
第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門 ベルリナー・ツァイトゥング紙・新聞読者審査賞
第10回ファンタジア国際映画祭(カナダ) グランプリ・最優秀主演女優賞(宮崎ますみ)
紀子の食卓(2006年9月23日)
  第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰
国際シネクラブ連盟(FICC)ドン・キホーテ賞
第10回プチョン国際ファンタスティック映画祭 観客賞・主演女優賞(吹石一恵)
第28回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(吉高由里子)

HAZARD(2006年11月11日。製作は2002年)
気球クラブ、その後(2006年12月23日)
第16回日本映画批評家大賞審査員特別監督賞
エクステ(2007年2月17日)
  第3回オースティン・ファンタスティック映画祭 ホラー審査員賞
愛のむきだし(2009年1月31日)
第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門 カリガリ賞・国際批評家連盟賞
第11回バルセロナ・アジア映画祭 観客賞
第13回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 審査員特別賞・最優秀主演女優賞(満島ひかり)・観客賞(アジア映画部門金賞・革新的映画部門金賞)
第8回ニューヨーク・アジアンフィルムフェスティバル グランプリ
第13回プチョン国際ファンタスティック映画祭 NETPAC賞特別賞(満島ひかり、安藤サクラ)
第9回東京フィルメックス アニエスベー・アワード(観客賞)
第83回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(満島ひかり)・新人男優賞(西島隆弘)
第31回ヨコハマ映画祭 助演女優賞(安藤サクラ)・最優秀新人賞(満島ひかり)
第14回日本インターネット映画大賞 新人賞(満島ひかり)
Make the last wish(2008年、未完)
ちゃんと伝える(2009年8月22日)
冷たい熱帯魚(2011年1月29日)
  第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門正式出品
第43回シッチェス・カタロニア国際映画祭 カーサ・アジア最優秀作品賞
第6回ファンタスティックフェスティバル 長編部門脚本賞
第13回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
第15回ファンタジア国際映画祭(カナダ) 観客賞(アジア映画部門金賞)
第35回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(でんでん)
第54回ブルーリボン賞 作品賞
第66回毎日映画コンクール 男優助演賞(でんでん)
第85回キネマ旬報ベスト・テン 監督賞・助演男優賞(でんでん)
第33回ヨコハマ映画祭 監督賞・助演男優賞(でんでん)
第16回日本インターネット映画大賞 作品賞・監督賞・助演男優賞(でんでん)
恋の罪(2011年11月12日)
第64回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品
第44回シッチェス・カタロニア国際映画祭 カーサ・アジア最優秀作品賞
第85回キネマ旬報ベスト・テン 監督賞
第16回日本インターネット映画大賞 監督賞
ヒミズ(2012年1月14日)
第68回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(染谷将太、二階堂ふみ)
第14回ドーヴィル・アジア映画祭 批評家賞
第30回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭オービットコンペティション部門 グランプリ
2012年映画芸術日本映画ワーストテン2位
希望の国(2012年10月20日)
第37回トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞
第86回キネマ旬報ベスト・テン日本映画9位
2012年映画芸術日本映画ワーストテン1位
地獄でなぜ悪い(2013年9月28日)
第38回トロント国際映画祭 観客賞
TOKYO TRIBE(2014年8月30日)
新宿スワン(2015年5月30日)
ラブ&ピース(2015年6月27日)
リアル鬼ごっこ(2015年7月11日)
第19回ファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞(シュバル・ノワール賞)/審査員特別賞/最優秀女優賞(トリンドル玲奈)[
映画 みんな! エスパーだよ!(2015年9月4日)
MADLY(2016年4月14日)
ひそひそ星(2016年5月14日)
第40回トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞
新宿スワンII(2017年1月21日)
アンチポルノ(2017年1月28日)
クソ野郎と美しき世界「ピアニストを撃つな!」(2018年4月6日)

0208_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年2月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ