アイコン 「野田中央病院」を家宅捜索 肝機能改善薬「ラエンネック」販売目的で保管

 

 

千葉県警生活経済課は12日、肝臓病の処方薬を許可なく販売目的で保管していたとして、医薬品医療機器法違反(無許可販売目的貯蔵)容疑で自称無職の浅田一弘容疑者(72/東京都北区田端新町)ら5人を逮捕した。

浅田容疑者は「医薬品になるとは知らなかった」と容疑を一部否認し、ほか4人は黙秘か否認しているという。

県警は、浅田容疑者らに薬を処方していたとして、「野田中央病院」(医療法人社団 喜/同県野田市二ツ塚148)も医師法違反容疑などで家宅捜索した。

スポンサード リンク

逮捕容疑は1月9日~2月26日ごろ、厚生労働省から薬局開設や医薬品販売の許可を受けずに、5回にわたり販売目的で肝機能改善薬「ラエンネック」を、野田中央病院内に保管するなどした疑いがもたれている。

以上、報道参照

病院の医師か看護師と結託したのだろうか。病院は利用されたのだろうか。

0313_03.jpg

 
[ 2019年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ