アイコン 京都初のがん陽子線治療導入 府立医大 永守記念最先端がん治療研究センター

 

 

日立製作所は、日立の放射線治療システムを導入した京都府立医科大学永守記念最先端がん治療研究センターが、2019年4月1日から治療を開始した。
日立は、永守記念最先端がん治療研究センター向けに放射線治療システムである陽子線治療システム「PROBEAT-CR」、および高精度X線治療システム「TomoTherapy system Radixact」の運用支援や施設運営に関わるサービスを包括的に提供している。
このサービスにより、永守記念最先端がん治療研究センターのスタッフは医療に専念でき、高度かつ最先端の放射線治療を提供できる。

永守記念最先端がん治療研究センターは、地元京都府と京都府民への貢献を目的に、日本電産会長の永守重信氏がオーナーである(株)エスエヌ興産より、京都府へ寄付された最先端のがん治療研究施設。
陽子線治療システムなど最先端の機器を1ヶ所に集約し、京都府立医科大学の放射線治療施設として運営される。
放射線治療システムは、高度な医療機器のため定期的なメンテナンスが必要であり、また京都府初の陽子線治療システム導入施設であるため、普及に向けた府民への啓発活動や近隣の医療施設との連携といった運営支援のニーズがある。

スポンサード リンク

日立の粒子線治療システムは、世界的に著名な病院で導入されており、98%以上の装置稼働率実績や長期的かつ充実したサポート体制など高い信頼性と実績が評価されている。また、2000年から放射線部門向けの運用支援サービスを提供しており、提携施設に対して放射線診療に必要な機器の導入・安定稼働に関わるエンジニアリング支援、アセット管理などのオペレーション支援および設備の導入計画立案などの運営支援を実施している。

このような粒子線治療システムおよび放射線部門向けの運用支援サービスの実績が評価され、このたび陽子線治療システムの保守・運転支援、X線治療システム運用支援および施設運営支援を包括的に提供する。
以上、

オーナー企業しかこうした寄付事業はできないのだろうか。裏表の政治資金はくさるほど提供するが、寄付はお付き合いだけしか日本の企業に根付いていない。いまどきのオーナー企業は、銭をばら撒いたり、芸能人を侍らして宇宙旅行に出かけるしか能がない。

0402_01.jpg

 
[ 2019年4月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ