アイコン 事故を案じ道路に白線 校長を道交法違反で略式起訴/福岡

 

 

北九州の暴力団対策が一段落した福岡県警は昨年7月、福岡市に隣接する新宮町の小学校前の県道に、停止線に似せた白線を引いたとして、校長(50歳代)を道交法違反(道路における禁止行為)容疑で福岡区検に書類送検していたことが分かったと報道されている。

校長は福岡簡裁に略式起訴され、同8月1日付で罰金4万円の略式命令を受けた。

現場は、小学校に通じる小道と県道の合流部。

捜査関係者によると、近くの交差点が赤信号の時、合流部まで信号待ちの車が連なることがあり、校長は昨年3月、合流部を挟んで交差点から約15メートル手前に、スプレーの塗料で勝手に白線を引いた。

校長は、町教委に対し、「(坂道下の)県道に出ようとした際に、スリップしたと職員から聞き、県道の車に衝突する危険があると思って(白線を)描いた」などと説明したという。

以上、

スポンサード リンク

以前のおまわりさんは、口頭注意で終わっていたが、今はバカボンのおまわりさんのように、些細なことでもすぐ逮捕する。制定され続ける法律を国民はどこまで知っているのだろうか。

今回は逮捕や本起訴されなかったことだけでもヨシとすべきだろうか。

警察は最近、ネズミ捕りをしなくなったが、警察官が減ったとは聞いていない。どこで何しているのだろうか。仕事は作るものではなく、必要度に応じて減らすもの。

 

 
[ 2019年4月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ