アイコン すぐ謝る丸山穂高衆議は一人で戦争でもして北方領土4島を取り戻せ

 

 

北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は訪問団のメンバーに「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」などと「戦争で取られた島は戦争で取り返すしかない」という趣旨の発言をしたことについて13日夜、「不適切だった」として自らの発言を撤回し、謝罪した。

最近の議員は、本音を喋って問題となるとすぐ撤回するお坊ちゃま議員たちが多すぎる。実質誤らず、「誤解を与えたとしたら、謝罪する」と5階も6階もあるような議員さえいる。
 
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員(東大・経産省・松下整形塾・維新衆議当選3回)は今月11日の夜、訪問団の団長に、「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」などと発言した。

これについて丸山氏は13日夜、東京都内で記者団に対し、発言をした際酒を飲んでいたことを認めたうえで、「誤解を与えてしまうような極めて不適切な発言で、特に元島民の方に対し、非常に配慮を欠いた形だった。一般論として話を聞いたつもりだったが、私自身がそう考えていると誤解を与えてしまうような状況だった」と述べた。

スポンサード リンク

そのうえで丸山氏は「私の発言で国益を損ねかねない状況になれば、真意ではない。心から今回の発言を謝罪し、撤回させていただく」と述べた。
安倍総理がロシアとの交渉で神経をすり減らして頑張っているのに、一方で・・・、これが日本の政治の状況だ。

一方、丸山氏はみずからの議員としての進退については「党と相談し、どういう風にしていくかを決めていきたい」と述べた。
以上、報道参照

 北方領土と日ごろ関係ない丸山議員が、自らの意思で参加してこの醜態。記者が訪問団の幹部に取材中に、勝手に割り込み、上記の発言、その一部始終が録音され、その録音テープが公開されている。
 この人、酒を飲んだら、ロシアと戦争してでも北方領土を取り返す勇士のようだ。酒を飲んでいたら、単なる酔っ払い、さすがのロシアも相手にせず、追い返すだけだろうが・・・・。
酒を飲んでいたら許される世の中ではない。
謝罪した上、自らの進退さえ党一任とは情けない。言うからには謝罪するなと言いたい。

日本はロシアとは戦前、不可侵条約を締結し、ロシアに対して何も敵対行為をしていない。しかし、終戦直前になり、条約を一方的に破棄した極悪人のスターリンは、満州に進軍し、57万5千人もの日本の軍人・民間人を極寒のシベリアに抑留し、シベリア鉄道建設に従事させ、5万5千人以上が極寒の地でろくに食事も与えられず、医療も受けられず、亡くなった。日本国民は、そうしたロシアに抑留され、帰国した人たちを「赤」のレッテルを貼り、大差別した。それも日本の現実であった。
北方領土は当然日本の領土。国連で毎回、日本政府が問題提起すれば、国際社会も少しは傾聴しようが、国連総会で問題だとこれまで日本は何回発言したことだろうか。

北朝鮮同様、ロシアとも日本は平和条約を締結していない。
ロシアが返さない理由の一つに、日本が当該の北方4島に、米軍基地を建設する可能性をロシアが指摘し、日本側は米国様との関係もあり否定することもせず、返してもらえない理由の一つになっている。
米軍基地は作らないと日本政府はなぜ言えないのだろうか。日本の領土の主権は日本にあり、米国にはない。何かアンポンタンの日本政府は米国様を前にして怖気づいているのか錯覚しているようだ。まずは返還させることが第一目標である。

ここまで、米トランプ政権と仲が良かったら、ロシア制裁を強化させ、再度、大不況に陥らせたら、返還も実現することだろう。
前回、森元首相が動き、いいところまで行ったが、オバマに同調させられ、日本はまったく関係ないウクライナ制裁に加担、ロシアが激怒して交渉が没になった経緯がある。ウクライナ制裁でロシア経済はどん底を見ていた(大チャンスであった)。
世界で何をするにも主権は日本にある。米国様に対しては主権を放棄し通しのようだ。
ロシアよ、北方領土を返せ。
 

 
[ 2019年5月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ