アイコン 今週のアクセスが多かった倒産・ニュース<6月30日~>

 

 

今週のアクセスが多かった倒産・ニュースを紹介。

今週、もっとも注目された記事は、八木商事の倒産記事。

 

一般ニュースで話題だったのは、大阪で開催されたG20サミット。

今回、日本が初のホスト国、参院選も目前ということもあり、気合の入れ方も違っていたようにみえた。

中でも一番、話題になっていたのはやはり「韓国とだけ会談なし」。

日韓の仲違いに必死になっていたマスコミが今更の批難をしていたところもあるが、これこそ自業自得であろう。

日本は何度も手を差し伸べているが、その手を払ったのは韓国自身である。

おそらく、韓国というよりムン韓国大統領なりの政治的、思想的理由があるのだろうが、どこまで反日を貫き通すのか見ものだ。

 

G20
FNN.jpプライムオンライン

 

スポンサード リンク
 

八木商事(株)(兵庫)/自己破産へ

事務用品卸業の八木商事(株)(所在地:兵庫県姫路市玉手***)は6月27日、同日において事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約7億円。

 

「motherways」のマザウェイズ・ジャパン(株)、(株)根来、ネイバーズ(株)(大阪)/自己破産申請

ベ ビー・子供服「motherways」のマザウェイズ・ジャパン(株)(所在地:東京都江東区新大橋1-3-11 登記簿上所在地:大阪市中央区南久宝寺 町1-5-7 代表:根来豊)と、関連の(株)根来(所在地:大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-1-3 代表:加藤收一)とネイバーズ(株)(所在地:大 阪府大阪市中央区南久宝寺町1-5-7 代表:齋藤由美子)は6月30日、大阪地裁において自己破産を申請した。

負債総額は3社合計で約72億円となっている。

 

韓国 日本の規制3品 すでに対策済みと さすが韓国

韓国の産業通商資源部は7月1日、日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制強化を発表したことに関連し、このような事態に備え関連業界との共同での技術開発を通じ、半導体材料の国産化などを推進してきたと明らかにした。
国内関連業界との緊急懸案点検会議で説明した。

 

康京和外相 国際会議でまた慰安婦問題を演説 慰安婦合意違反です

韓国の康京和外相は2日、ソウルで開催された国際会議での演説で、慰安婦問題について「わが政府は、これまでの取り組みが被害者中心のアプローチを著しく欠いていたことを率直に認めている」と述べ、2015年の日韓政府間合意を改めて批判した。

こうした発言は、慰安婦合意違反ともなるが、前政権批判を現政権の政治家、それも外交長官が国際会議の場で発言すべきことだろうか。

 

追報:ジヤスト(株)(大阪)/破産手続き開始決定

既報。服飾付属品卸のジヤスト(株)(商業登記簿上の本店所在地:大阪市中央区久太郎町*** )は6月19日、大阪地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約5.3億円。

 

韓国産業通商資源省 日本のホワイト国追放決定 自らは棚に上げ国際法違反だと

韓国産業通商資源省の朴泰晟貿易投資室長は1日、貿易統計について発表した1日の記者会見の中で、「日本政府の不当で国際法に違反する措置に対し、断固として対応していく。WTO=世界貿易機関の協定上、原則禁止される措置であり遺憾だ」と述べ、日本政府の措置を批判した。

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ