アイコン 2019年 日韓の訪韓・訪日客数月別推移 韓国からは昨夏から減少、日本からは急増

 

 

今年になり訪日客が減っているのは、文在寅政権が昨年16.4%も最低賃金を上昇させ、さらに今年も10.9%上昇させた結果、若い非正規雇用者たちは収入を減らしている。

韓国内の経済が低迷している中で、文政権が最低賃金の大幅上昇を行い、経営に耐えられなくなった中小零細事業者が、廃業(労使とも失業)、雇用者の減員(失業)、雇用者に対する労働時間の短縮(賃金減)を行っていることいる。
そのため、日本への旅行(韓国民は旅行が大好きだが、韓国内はぼったくりがあり敬遠。LCCで韓国内旅行と同程度の金額で行ける日本へ、LCC普及とともに訪日客が急増していたもの)にも影響し、昨年7月からの地震や西日本豪雨などの影響を契機に、昨年夏場当たりから減少してきている。
 
日本批判で減ったと韓国紙は書き立てたいようだが・・・。
一方、日本からは2015年伝染病マースが韓国を襲い、大幅に減少したが、その間に韓国ドラマからK-POPPファン客が訪韓客の主流になり、今では日本のTVキー局や地方局が大々的に韓国料理や地元店舗を紹介していることから、韓国グルメ訪問客が大幅に増加している。
スポンサード リンク
ただ、日本政府が韓国からの観光客に対してもビザ発給を強化すれば、大幅に減る可能性がある。韓国からの観光客を介して日本への反日感情は薄れてきているというデータもある。
それより、韓国で地下経済の筆頭とされる韓国からの数万人ともされる売春婦を、全国の警察を動員して違法就労により強制退去させ、日本に再び入国させない方が賢明かと見られる。・・・お世話になっているお役人の人たちも多く、実現の可能性は低いが・・・。
議員や政府関係者以外の反日主義者で、山ほどある反日団体と反日活動家をリストアップし、入国規制を強化する必要もあろうか。 ・・神社放火事件の例もある。対馬仏像の韓国人強盗も続く韓国当局による仏像拉致も国際条約違反となっている。
 
今年に入り、中国からも韓国へ観光客が日本客以上に大幅に増加してきているが、先のG20大阪サミットの個別中韓首脳会談で、習国家主席が文大統領に大して、再びTHAAD問題を取り上げており、30日夜には中国当局により、北京市内のサムスン電子と現代自動車の大型看板が一方的に取り外されている。中国からの訪韓客への影響も懸念され、・・・穏やかではない。
 
 
日韓相互の訪問客数の推移
 
韓国から日本へ
日本から韓国へ
韓国
客数
前年比
客数
前年比
2008年
2,382,397
-8.5%
2,378,102
6.4%
2009年
1,586,772
-33.4%
3,053,544
28.4%
2010年
2,439,816
53.8%
3,023,009
-1.0%
2011年
1,658,073
-32.0%
3,289,051
8.8%
2012年
2,042,775
23.2%
3,518,792
7.0%
2013年
2,456,165
20.2%
2,747,750
-21.9%
2014年
2,755,313
12.2%
2,280,434
-17.0%
2015年
4,002,193
45.3%
1,830,000
-19.4%
2016年
5,090,300
21.8%
2,290,000
24.8%
2017年
7,140,165
40.3%
2,330,000
1.7%
2018年
7,538,952
5.6%
2,948,257
27.6%
2019年※
3,250,800
-4.7%
1,371,210
28.0%
・出典:JNTO/訪韓客数は韓国観光公社
2018年韓国人の旅行先:日本753万人、ベトナム344万人、米国221万人、フィリピン159万人、香港142万人、台湾102万人。中国資料は2017年385万人。
・※2019年は1~5月の累計値
 
2019年 日韓の訪日・訪韓客数>
韓国からの訪日客数
日本からの訪韓客
 
2018年
2019年
2019年
 
訪日客数
前年比
訪日客数
前年比
訪日客数
前年比
1月
803,816
28.5%
603,400
-5.8%
206,526
23.6%
2月
708,318
18.1%
566,600
-11.3%
213,200
26.7%
3月
619,196
26.8%
585,600
-5.4%
375,119
27.4%
4月
638,523
15.1%
715,800
1.1%
290,092
35.7%
5月
640,365
14.6%
779,400
-3.6%
286,273
26.0%
6月
606,162
6.6%
 
 
 
 
7月
607,953
-5.6%
 
 
 
 
8月
593,941
-4.3%
 
 
 
 
9月
479,733
-13.9%
 
 
 
 
10月
571,176
-8.0%
 
 
 
 
11月
588,213
-5.5%
 
 
 
 
12月
681,566
0.4%
 
 
 
 
年計
7,538,952
5.6%
3,250,800
-4.7%
1,371,210
28.0%

 

 
[ 2019年7月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ