アイコン 有機ELパネルを禁輸しようと発言 韓国半導体団体の朴会長

 

 

韓国・国民日報によると、日本が韓国に対する半導体材料などの輸出規制を強化したことを受け、韓国に波紋が広がっている。
日本への強硬対応を訴える声も上がっているが、財界は「日本を挑発する発言や不必要な対応は状況を悪化させかねない」として「ローキー(low key=控えめな)」対応を貫き、被害を最小化させることに注力しているという。

記事によると、
パク・ジェグン韓国半導体ディスプレイ技術学会長(漢陽大学融合電子工学部教授)は、今回の日本の措置について、
「半導体はチップの生産から完成品まで国別に分業化されているグローバルビジネス」とし、
「このパートナーシップを壊す日本の政治は間違っており、世界経済危機などを誘発して結局その影響は日本企業に戻ってくる」、
「これまで日本と共にうまく成長してきたが、今は政治的イシューに戦略的に使われている状態だ」などと批判した。

その上で、韓国が取れる「報復措置」として「有機ELパネル(OLED)生産への支障が日本企業にとって打撃となる」とした。
ソニーやパナソニックなど日本のテレビ生産・販売企業は、韓国のLG製のOLEDを輸入し、有機EL-TVを完成させている。

一方、韓国の財界はこうしたパク会長の強硬発言に「難色を示している」という。

スポンサード リンク

ある経済団体は、「非常に憂慮すべき発言。国と国の間に影響を及ぼす可能性のある発言には慎重になるべき」と指摘した。

別の関連団体も「日本を直接狙う対応は避けるべき」と述べたという。

また、文在寅大統領も8日の会議で、「実際に韓国企業に被害が生じた場合、韓国政府としても必要な対応をせざるを得ない」との考えを述べたが、これについても財界は「文大統領の言う対応が強硬策ではなく、状況打開案になることを願う」との立場を示している。

財界関係者は「日本に対抗すれば別の問題が発生する可能性がある。日本の措置によるダメージを最小化する方法を探せば、日本に『輸出規制は意味がない』というシグナルを送ることができる」と主張したという。

これに韓国のネットユーザーからは、
「黙っていればやられるだけ」
「断固とした対応をしてほしい。きつくても国民が協力すれば乗り越えられる。国のプライドを守ってほしい」
「経済以前の問題だ。今回下手に出れば一生下手に出ることになる。だから負けられない」
など強硬対応を求める声が上がっている。

一方で、
「対抗すれば結局は韓国が崩壊する。冷静になろう」
「文大統領が大きくした問題なのに、苦労するのは企業や国民だ」
「OLED輸出を規制すれば多少は日本にダメージを与えられるけど、韓国の輸出ラインが崩壊し、仕事がなくなり、世論も悪化する。世界に被害を訴えることもできなくなる」
「文大統領が解決すべき。どうすれば国益になるのか、分からないなら大統領を辞めるべきだ」
など冷静な対応を求める声も多く上がっている。
以上、レコードチャイナ参照

日韓の根本問題を解決しなければ、韓国側はゴールポストを移動し、また、歴史清算といういくつものゴールポストを新たに用意してくることから、試合にならない。
その歴史は73年前、戦前のこと。文在寅氏は朝鮮戦争後に生まれた人物、戦前への感情移入が激しすぎる。未来志向零。

文在寅大統領は、最近、独立運動家で戦後、韓国に入り、軍の要職に付いたものの、その後、北へ渡り、北朝鮮の高官となって朝鮮戦争で韓国と戦った「金元鳳」を高く評価した発言をなするなど、北朝鮮の人物であるかのような気が狂ったかのような北朝鮮ボケの発言をなしている。それでも韓国民の過半から愛される文在寅大統領。「金元鳳」はその後、金日成により粛清=処刑されたとされる。

<韓国文政権が突きつけている日本の韓国に対する葛藤>
1、日韓慰安婦合意違反、財団解散(支払い滞る)・国連機関で外交長官の慰安婦問題言及
2、1965年日韓国交正常化条約と付随する協約違反、元徴用工賠償金判決と日本企業資産差し押さえ
3、大使館・総領事館前の慰安婦像設置、ウィーン条約違反
4、対馬仏像拉致事件、ユネスコ条約違反
5、海上自衛隊の隊旗「旭日旗」の戦犯旗規定問題、
昨年10月の韓国の国際観艦式へ隊旗での自衛艦の参加拒否、不参加
今年10月の日本の国際観艦式へ韓国軍艦を招待せず(現在のところ)
6、レーダー照射問題、韓国側の否定と韓国側の居直り
  韓国軍は、他国軍機が韓国軍船の3海里以内に入れば、ミサイル管制レーダー照射とヘリによる・・・を宣言。ミサイル管制レーダー照射はミサイルでの撃墜の可能性を示唆したもの
などなど・・・・
(文政権になり、韓国内では反日歴史清算の雨あられ・・・日本は関係ないが・・・)

 

 
[ 2019年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ