アイコン 韓国から戦略物資じゃじゃ漏れ パート2

 

 

韓国の産業通商資源省は昨年10月と今年5月、国会の要請で、兵器に転用可能な戦略物資が違法に輸出され、摘発された件数をまとめた。
その資料によると摘発件数は、今年3月までの4年間に156件にのぼり、このうち「フッ化水素」は、UAE=アラブ首長国連邦やベトナムに輸出されていた。

これについて、産業通商資源省は「韓国の企業がUAEやベトナムなどに許可なく輸出した戦略物資の中に、日本で生産されたフッ化水素は含まれていない」というコメントを発表した。

また、韓国の専門家によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の義兄、金正男氏の殺害に使用された猛毒のVXやサリンの原材料となる物質も含まれているという。

韓国政府関係者は、大半のケースは、中小企業が戦略物資だと知らずに手続きを怠ったものだとしているほか、資料をまとめた産業通商資源省も北朝鮮を含む国連制裁決議の対象国に違法に輸出された事例はないとし、戦略物資の輸出管理制度のもとで適切に摘発されていることを示すものだとしている。

ただ、日本政府は韓国向けの輸出規制を厳しくした背景に韓国側の貿易管理の体制が不十分であることをあげ、安全保障上の必要な措置だと説明しており、今後、議論になることも予想される。
以上、NHK報道参照

スポンサード リンク

摘発されたのは氷山の一角であることを前提に、日本から輸出されたフッカ水素およびフッ化水素の中間材の韓国での最終消費までのトレサビリティを、韓国政府に証明(各段階の会社名・使用目的・使用量)してもらう必要がある。
当然、戦略物資は、韓国経由で輸出できる製品ではなく、韓国内での消費が前提で日本から輸出されている。

韓国政府は、否定を前提に論戦に持ち込んでいる。日本政府はそれにいちいち対応せず、証明書なり物的証拠を求め、取得する必要がある。

韓国政府は、すでに輸入したフッ化水素の全数調査を終わったとしており、その結果調書も取得する必要がある。そして、その結果調書に基づき、さらに企業の使途証明書を韓国政府経由でもらう必要がある。当然、日本側で疑義が生した場合は、その回答を韓国政府からもらう必要がある。

フッ化水素については、韓国企業から一時期、大量に発注がかかり、日本から輸出したとされており、その分だけでも最終消費に至る証明を徴収すべきではなかろうか。

韓国政府がこうしたことに対応しなければ、規制強化をし続けるしかない。また、次なるホワイト国除外措置は韓国企業全般にも手痛いものとなる。

日本では過去から、(冷戦時代の共産圏への戦略物資輸出の)ココム違反には厳しい対応をし、新ココムでも定着している。
しかし、摘発件数の多さからして、急激に経済成長を遂げてきた韓国の企業にはそのモラルがないことに起因しているようだ。また、韓国経済は半導体を除けば厳しく、今年摘発が急増しているのも中小企業にあっては飯のためと見られる。当然、そうした製品は高く輸出できる。
韓国には、釜山や仁川の港湾が国際的なハブ港になっており、北朝鮮へも行き来する商船が頻繁に入港している。ロシアと韓国との関係は思った以上に近い。ほかに大きな港湾としては蔚山港、麗水港・光陽港などがある。

北朝鮮の百貨店では現在、シャネルやSK-Ⅱの高級化粧品などがコーナーを設けて販売され、パナソニックやシャープのTVまで販売されている。北朝鮮に対して雁字搦めに輸出規制している日本、何かばかばかしくなってくる思いもある。

空路は殆ど閉鎖されており、陸路密輸は中国・ロシア、海路密輸は迂回密輸も含め、世界中の国となる。

北朝鮮と国交がある国は、
<東・東南アジア>
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ
中国
東ティモール
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
モンゴル
ラオス

<西アジア・中央アジア>
インド
ウズベキスタン
カザフスタン
キルギス
スリランカ
タジキスタン
トルクメニスタン
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
モルディブ
アフガニスタン

<中東>
アラブ首長国連邦(UAE)
イエメン
イラン
オマーン
カタール
クウェート
シリア
トルコ
バーレーン
パレスチナ
ヨルダン
レバノン

<西ヨーロッパ>
アイルランド
イギリス
オーストリア
オランダ
スイス
ドイツ
ベルギー
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
EU加盟国で北朝鮮と国交がないのは、エストニアとフランスだけ。

<北ヨーロッパ>
アイスランド
スウェーデン
デンマーク
ノルウェー
フィンランド
ポーランド
ラトビア
リトアニア

<東ヨーロッパ>
アゼルバイジャン
アルメニア
ウクライナ
ジョージア
スロバキア
チェコ
ハンガリー
ブルガリア
ベラルーシ
モルドバ
ルーマニア
ロシア
旧東側諸国はほぼすべてが北朝鮮と国交がある。

<南ヨーロッパ>
アルバニア
イタリア
キプロス
ギリシャ
クロアチア
サンマリノ
スペイン
スロベニア
セルビア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ポルトガル
マケドニア
マルタ
モンテネグロ

<アフリカ>
アフリカはボツワナを除くすべての国が、北朝鮮と国交がある。

<北・中央アメリカ>
カナダ
グアテマラ
コスタリカ
ニカラグア
ベリーズ
メキシコ
カナダは2001年に北朝鮮と国交樹立。

<カリブ海地域>
アンティグア・バーブーダ
キューバ
グレナダ
ジャマイカ
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ
バハマ
バルバドス
<南アメリカ>
ガイアナ
コロンビア
スリナム
ブラジル
ベネズエラ
ペルー

<オセアニア>
オーストラリア
ナウル
ニュージーランド
バヌアツ
パプアニューギニア
フィジー
以上。

北朝鮮は国連加盟国。
北朝鮮に大使館を置いている国は24ヶ国で、アジア12ヶ国、欧州8ヶ国(独・英含む)、アフリカ2ヶ国、アメリカ2ヶ国(キューバとブラジル)
北朝鮮が大使館を置いている国は47ヶ国。

国連制裁でも指定品以外の輸出入を止めることはできない。
指定品でも、瀬取り、直接の密輸、迂回密輸。
そのため、北朝鮮の百貨店にシャネル製品が並んでいる。
 

韓国から戦略物資じゃじゃ漏れ 今年3月までに31件摘発 氷山の一角か

韓国から戦略物資じゃじゃ漏れ パート2

韓国から戦略物資じゃじゃ漏れパート3 嘘で攻勢をかける韓国

 
[ 2019年7月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ