アイコン 韓国4~6月期GDP 2.1%増の高い伸び/反日運動、ロッテマート日本製ビール不売へ

 

 

韓国銀行(中央銀行)が25日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比1.1%増加した。2017年7~9月期(1.5%増)以来7四半期ぶりの高水準。
前年同期比の成長率は2.1%だった。
韓銀の関係者は、1~3月期に前期比▲0.4%(前年同期比では+1.7%)を記録したことの反動によるものだとし、「政府支出が成長に寄与したが、民間投資と輸出は依然として弱い」と説明している。

<前期比(1~3月期比)>
民間部門の成長寄与度は1~3月期の+0.1ポイントから4~6月期には▲0.2ポイントに下落した。
政府部門の成長寄与度は▲0.6ポイントから+1.3ポイントに上昇した。
実質GDPのうち、
民間消費は前期比0.7%、
政府支出は2.5%。
建設投資は1.4%、
設備投資は2.4%
輸出は2.3%、
輸入は3.0%
それぞれ前期比で増加した。

スポンサード リンク

民間消費は衣類などの準耐久財や医療などのサービス業を中心に、
政府支出は物件費と健康保険給付を中心に増加した。

建設投資は、住居用建物が減少した代わりに、土木工事が増加、
設備投資は運送設備を中心に増加した。
輸出は自動車・半導体、
輸入は機械類が増加をけん引した。

<前年同期比では>
一方、前年同期比での増加率は、
建設投資が▲3.5%、
設備投資は▲7.8%
輸出は+1.5%、
輸入は+0.1%だった。

4~6月期の交易・投資指標は1~3月期に比べて改善したが、反動分を差し引くと景気回復の兆しと見るのは難しい。

 韓銀の関係者は「7~9月期と10~12月期にそれぞれ前期比0.8~0.9%ずつ成長すれば、年2.2%の成長が可能だ」と述べている。

韓銀は先ごろ政策金利を0.25%引き下げ、今年のGDP成長率見通しを2.5%から2.2%に下方修正している。

4~6月期の実質国内総所得(GDI)は、交易条件の悪化により前年同期比▲0.6%減少した。
以上、韓国・聨合ニュース参照

輸出しやすいウォン安が定着しており、輸出を押し上げている。4月22日までは1135ウォン前後で推移していたが、5月10日の米中貿易戦争激化でウォン安が進み、5月21日1191ウォンまで進み、7月25日は1181ウォンとなっている。輸出経済であり、恩恵を受ける企業は多く、半導体価格の下落も幾分相殺される。
自動車は現代自の高給SUVが好調で輸出を押し上げているという。
造船も寄与しているが、月によりばらつきが大きく、計算できない。
韓国から海外の韓国系企業の工場に輸出される分がどれほどあるのかわからず、全体的には見えてこない。

現代自系とサムスン電子は世界に工場を作りまくり、LGやSKも車両用二次電池工場をあちこちに作っている。

 

 
[ 2019年7月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ