アイコン シンゲンメディカル ノーベル賞級詐欺 がん細胞自滅と謳い28億円

 

スポンサード リンク
 

大阪府警は、東京 中央区に本社があり大阪に支社がある健康食品販売会社「シンゲンメディカル」が、「がん細胞が自滅する」などと医薬品のような効能を宣伝し、大阪に住むがん患者などに健康食品を販売したとして、同社の社長ら4人を逮捕した。
警察は3年間で少なくとも28億円を売り上げていたとみて、詳しく調べている。
捜査関係者によりますと、4人はホームページで「がん細胞が自滅する」などと医薬品のような効能を宣伝し、今年5月から6月にかけて大阪に住む3人のがん患者などに健康食品を販売したとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれている。

製品には「フコイダン」と呼ばれる海藻から抽出した成分が含まれていたが、厚労省によると、がんに効く医薬品として承認されていない。

「シンゲンメディカル」は、原価が1箱約3千円の製品を5万円を超す値段で全国のがん患者などに販売していたということで、警察は今年5月に会社を捜索していた。
押収した資料などから、売り上げは平成28年からの3年間で少なくとも28億円に上るという。
以上、
がん患者の心理を利用した悪質詐欺、また、価格が高ければそれだけ効くだろうとの心理も利用している。確かにフコイダインにそうした効能があるという商品も多いが、真意は判明していない。多くの詐欺会社は、薬事法違反にならないように、社名を記載しないパンフや口頭説明で購入させている。

こうした詐欺販売会社は、セミナーで売り子を集め、がんになった人は周囲にごろごろいるはすだから、健康な人にも、がんの恐怖心を煽り、事前予防薬として、売り子に高額で販売させている。口頭だから証拠も残らず、まったく問題ないとセミナーの大講師が言っていた。

どうしてもフコイダインを摂取したいのなら、沖縄モズクでも食べていたら健康的で超安上がり。

[ 2019年8月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ