アイコン 浅間山 小規模噴火 現在落ち着く 要警戒は続く

 

スポンサード リンク

浅間山では、8月7日22時08分、山頂火口で小規模の噴火が発生した。

浅間山では、今後、居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が発生する可能性があると予想されることから、7日22時30分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げた。

山頂火口から概ね4kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒が必要。

地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないこと。

噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が流されて降るため注意が必要。

また、降雨時には土石流にも注意。

噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意が必要。

噴煙は浅間山から東へ40キロあまり流れている。

以下の市町村では、火口周辺で入山規制な要警戒。

群馬県:嬬恋村
長野県:小諸市、軽井沢町、御代田町

0808_05.jpg

[ 2019年8月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ