アイコン 見えない痴漢防止用スタンプ 500本30分で完売 試験販売/シヤチハタ

 

スポンサード リンク
 

文具メーカーのシヤチハタが27日、痴漢行為などの抑止に向けた「迷惑行為防止スタンプ」500個をテスト販売したところ、30分で完売した。価格は1本2500円と少々お高い。
このスタンプを使えば、痴漢行為などを働いた人物に見えないインクで印を残すことができるようになる。

シヤチハタは5月、SNSで話題になっていた痴漢を撃退する方法をめぐり、今回のスタンプの開発に乗り出すと明らかにしていた。
SNSで痴漢行為を行った人物の手を安全ピンで刺すと示唆したユーザーに対して、それ自体が犯罪行為になる可能性があるとの指摘が出ていた。

別のユーザーからは、痴漢に目印をつけるためにスタンプを利用できないかとの声があがった。
シヤチハタはこうした声を受け、迷惑行為防止用のスタンプを開発すると明らかにしていた。
広報担当は、早く売り切れて驚いたと語っている。広報担当は、スタンプがセクハラの抑止につながればとも述べた。
以上、

痴漢がそれほど多いということ。政治家に倣い自己抑制ホルモンが欠乏し、痴漢もキレる人も多くなってしまった。
シヤチハタは残念ながら非上場。年商は180億円前後。

0830_03.jpg
 

[ 2019年8月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ