アイコン 独Lilium Jet EP5人乗「空飛ぶタクシー」試験飛行に成功 垂直離発着

 

 

独ベンチャー企業リリウム(Lilium)は5月16日、同社の電動小型機「リリウム・ジェット(Lilium Jet)」が初の試験飛行に成功したと明らかにした。
同社では、2025年までに「空飛ぶタクシー」として世界各都市での同機運行を見込んでいる。
 
都市部の新たな交通手段をめぐっては、リリウムのようなベンチャー企業に加え、エアバスやボーイング、ウーバー・テクノロジーズなどの大手も開発に取り組んでおり、都市部の空は激しい競争の場となりそう。

5人乗りのリリウム・ジェットは、ヘリコプターのように垂直に離着陸し、翼による水平飛行に移行する。リリウムは、飛行範囲が限られるライバル企業たちの回転翼機よりも、リリウム・ジェットは抜きん出ていると自負する。
エアバスやボーイングの類似小型機の最大飛行範囲は約80キロだが、最高時速300キロのリリウム・ジェットの飛行範囲は300キロにもなる。

スポンサード リンク

 ドイツ南東部バイエルンを拠点とするリリウムは、5月初めに地上からの運転操作による初の試験飛行をミュンヘンで行い、試験飛行は想定通りの結果を得られたという。
 これに先立ち、リリウムは2017年に2人乗り電動小型機の試験飛行に成功している。
以上、AFP

日本はどうなっているのだろうか。道楽のロケット、JAXAがやっと技術支援して北海道で歓喜しているレベル。
今時、日の丸だけのJAXAは宝の持ち腐れ、官の発想したかなく、可能性豊かな民に技術を提供・開放すべきだ。NASAのように。

↓EP 5人乗り機
0518_01.jpg

↓同社のEP2人乗り機
0518_02.jpg

 
[ 2019年5月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ