アイコン ソニー PS4後継機、圧倒的な描画スピード創出と 専用SSD開発

 

 

ソニーは21日の経営方針説明会で、プレイステーション(PS)4の次世代機について、圧倒的な描画スピードを創出し、「イマーシブ(没入感)」なものになると明らかにした。

発表によれば、演算性能向上と超高速広帯域の専用SSD(ソリッド・ステート・ドライブ、記憶装置)を組み合わせる。
「イマーシブ(没入感)」と、「シームレス(いつでも、どこでも切れ目なく)」が進化のテーマだという。
 PS4の累計販売台数は年内に1億台に達する見込みだが、発売から5年が経過し、ソニーは次世代機の開発を進めている。
16日には米マイクロソフトとクラウドゲームや人工知能(AI)分野で提携すると発表した。
  
吉田社長兼最高経営責任者(CEO)は会見で、据え置き型機を使い「コアゲーマーのイマーシブな体験を今後も大事にしていきたい」としている。
一方、テクノロジーの発達に伴い、ウェブ上でゲームを操作するリモートプレイなども並行して手掛ける考え。
スポンサード リンク
 また、主力の画像センサー(CMOS)への投資を増額する。従来1兆円としていた2020年度までの3年間の設備投資は、画像センサーへの投資増加により1.1兆円から1.2兆円を見込む。 
3年間累計の金融分野を除く営業キャッシュフローの目標は2兆円から2.2兆円以上に増額する。
 半導体分野では、スマートフォン向けのカメラの多眼・大判化により、画像センサー需要は拡大するとみている。
数年にわたって増産投資を行い、長期的な収益を得る考え。車載分野などでも事業を拡大する。
 
 吉田社長による経営体制は4月から2年目に入り、今期(2020年3月期)の連結営業利益は3期ぶりの減益となる見通し。
 前期に営業最高益を更新した同社は2月に株主還元策としては初めて、1000億円上限の自社株買いを発表し、3月までに買い終えた。
5月には新たに2000億円の取得枠を設定した。3月25日に一時4507円を付けた株価は足元では6000円をうかがう水準に回復している。
以上、
圧倒的な描画スピードではeスポーツになるのだろうか。
 
サムスン電子がイメージセンサー領域を狙っている。すでに世界初となる最高画素数の6400万画素のイメージセンサーを開発したと発表している。しかし、イメージセンサーだけの販売ではどうにもならない。対象機器と連動させるソフト技術が重要となる。ただ、後発ながらすでに20%のシェアを有しており(自社のスマホ搭載が主)、膨大な資金を抱え、ヘッドハンティング、関連企業のM&Aなども含め研究開発に未曾有な資金を投入しており、油断禁物だろう。スパイ大作戦にはくれぐれも気をつけることだ。
なお、ソニーはファーウェイと取引している。

 

ソニー
連結/百万円
18/3期
19/3期
20/3期予
売上高
8,543,982
8,665,687
8,800,000
営業利益
734,860
894,235
810,000
 同率
8.6%
10.3%
9.2%
経常利益
699,049
1,011,648
770,000
当期利益
490,794
916,271
500,000
 

 
[ 2019年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ