アイコン 韓国DGIST 超格安の20分のPCR検査機開発 Mモーターがキット製造販売

 

スポンサード リンク
 

韓国の大学研究チームが新型コロナウイルスの診断時間を20分台に短縮する試薬を開発し、企業に技術移転した。

財団法人大邱慶北科学技術院(DGIST)核心タンパク質資源センターでは、「COVID-19の診断試薬を診断キット製造企業である(株)Mモニターに提供し、生産に着手した」と9日明らかにした。

 既存の診断キットは、主にウイルスの遺伝子を増幅して確認する遺伝子診断法を使っているが、ウイルス増幅の過程で機器を90度に熱してから60度に下げる過程を40回繰り返すため、4~6時間かかった。

また、診断試薬を製造するのに5000万ウォン(約450万円)台の機器を使用している。

だが、Mモニターが生産に入った診断キットは、60度で遺伝子を増幅することができ、現場で20~30分以内に診断が可能だとDGISTでは話している。

高価な温度調節機能が必要なく、機器のコストを100万ウォン(約9万円)以下に減らすことができるとしている。

以上、

日本の医療分野はOECD36ヶ国中で最下位クラスのようだ。

TVで医療先進国と毎晩放送していたのは何だったのか。後進国ゆえ、機器も古く、開発力もなく、逆にコストばかりがかかり、その負担からまた開発研究予算を減らすという悪循環に陥っているようだ。

統治者は日本では「新コロナ撲滅」に「恥の精神」が有効に機能すると述べている。精神論で撲滅させることができるなら、念仏でも唱える方がましだろう。やはり統治者自身が神風を吹かせたい国のようだ。空虚しい。


新型コロナの短時間検査法の開発続く 長崎大や横浜市大がそれぞれ発表  

[ 2020年4月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産