アイコン 新コロナ治療薬 結核薬セファランチンとHIV薬ネルフィナビル併用で効果

 

スポンサード リンク
 

東京理科大や国立感染症研究所などの研究チームは22日、新型コロナウイルスの治療薬として、エイズ治療薬「ネルフィナビル」と白血球減少症などの治療薬「セファランチン」の併用が有効とみられることを、細胞を使った実験などで確認したと発表した。

セファランチンは、ツヅラフジ科の植物タマザキツヅラフジ(台湾に自生)の根に含まれる有機化合物で、1934年に日本の薬学者の近藤平三郎氏によって単離された。マイコバクテリウム属結核菌による感染病の結核や白血球減少症の治療薬として知られている。現在、化研生薬や澤井製薬などが製造している。

ネルフィナビルは、抗ウイルス薬でHIV感染症薬として知られ、日本たばこ産業が製造している。

研究チームによると、新型ウイルスは体内の細胞に入り込んで増殖するが、セファランチンはウイルスが細胞内に入り込むのを、ネルフィナビルは新型ウイルスが細胞内に入り込んだ後、増殖するのに不可欠な遺伝子の複製を、それぞれ妨げるという。
2つの薬を併用することで効果が上がり、使用から1日で、感染細胞から放出される増殖後の新型コロナウイルスを、検出限界以下まで抑えたという。

患者に投与した場合の効果をシミュレーションで予測したところ、ウイルス量が約93%減少し、快方するまでの期間が5日半ほど短くなった。
ネルフィナビルの単独投与でもウイルス量が約91%減少し、その期間も4日間ほど短縮した。

[ 2020年4月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産