アイコン 新コロナ薬に浮上のヒドロキシクロロキンとアジスロマイシン

 

スポンサード リンク
 

ヒドロキシクロロキンは、トランプ大統領が新型コロナ治療薬として導入を強く主張しているが、効果は実証されていないという。

ロイターの調査によると、ニューヨーク、ルイジアナ、マサチューセッツ、オハイオ、ワシントン、カリフォルニア州で病院を展開する6社以上の大手医療チェーンが、新型コロナ感染症の入院患者にヒドロキシクロロキンを日常的に投与している。
ただ、現場の医師は効果があるかどうかは不透明だと話している。

米国では35万5000人以上が新型コロナに感染。1万人以上が亡くなっている。連邦政府は最大で24万人の死者が出る恐れがあると推定している。

新型コロナ感染症は現時点で有効な治療法が見つかっておらず、現場の医師は、ごく一部の研究で効果を発揮する可能性が指摘されているヒドロキシクロロキンとその類似薬「クロロキン」を症状の悪化した患者に投与している。一部の医師によると、トランプ大統領などがヒドロキシクロロキンの利用を呼びかけていることもあり、患者から投与を求められるケースも出ている。

新型コロナの検査で陰性反応が2回出ているトランプ大統領は4日、ヒドロキシクロロキンについて「自分なら投与を受けるかもしれない」と発言。「非常に前向きな話を聞いている。今後もデータの収集を続ける」と述べた。

ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)は6日、ヒドロキシクロロキンの有効性を巡って、週末に政府内で対立があったことを認めた。
ニュースメディアのアクシオスによると、4日の会合では有効性が証明されていないと主張する国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長とナバロ氏が激しく衝突したという。

ヒドロキシクロロキンは失明や心臓疾患など副作用のリスクが指摘されているが、ロイターの取材に応じた複数の医師は、副作用のリスクは比較的低いため、数日間の短期の投与であれば問題ないと指摘。価格も安く、入手しやすいと話している。

ただ、どの段階の患者に投与するのか、他の薬と併用するのかなど、投与の方法は医療機関によってまちまち。
また、ヒドロキシクロロキンが効果を発揮する可能性を指摘した一部の研究では、軽症者や初期段階の患者が臨床試験の対象となっており、薬の投与がなくても回復していた可能性がある。

入院患者は重症者が多く、現場の医師はヒドロキシクロロキンに効果があるかどうか判断は難しいと話している。

ニューヨークで23の病院を展開するノースウェル・ヘルスの幹部は「新型コロナ感染症の重症患者数百人を診てきたが、大半の患者がヒドロキシクロロキンを投与されている」とした上で「まだ非常に初期の段階だが、個人的には患者に劇的な回復はみられないと感じている」と述べた。

マサチューセッツ州のレーヘイ・ホスピタル&メディカル・センターの医師も、約30人の患者にヒドロキシクロロキンを処方したが「患者に著しい改善」はみられないという。

この医師は「症状の軽い患者にはある程度の効果があったのかもしれないが、集中治療室に入るようなレベルの患者については、進行を遅らせる効果はみられない」と語った。

<集中治療室から生還>
一方、新型コロナ感染症で一時、集中治療室に入ったニューヨーク在住のデビッド・ラットさん(44)は、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン(抗菌薬)、クラザキズマブ(リューマチ等T細胞阻害薬/日本未承認)、カレトラ(抗HIV薬)を投与され、病状が劇的に回復し、集中治療室を出た。

ラットさんによると「医者は何が回復につながったのかまだ結論を出していない」という。

ただ一部の医師は、ヒドロキシクロロキンの投与を推奨している。

仏マルセイユの研究チームによると、新型コロナ感染症の軽症患者80人にヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンを投与した結果、8日後には93%の患者でウイルスが検出されなかった(しかし、そんなに効果があれば、6日現在8900人の死者はフランスでは出ないだろう。軽症者か重傷者かによって効果は異なろうが、なんらか効能はあるかもしれない。93%は、軽症者の回復率80数%より高い)。どちらの薬が効いているのか、一緒に処方すれば効果が増すのかなどすべて未知。

 

[ 2020年4月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!
【訃報】お笑いの巨星 志村けん(70)堕つ(03/30 11:21) 2020:03:30:11:21:31

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産
スポンサード リンク