アイコン 清水建設 7都府県の500件の工事中断へ 感染者3人、うち1人死亡

 

スポンサード リンク
 

清水建設は、都内の工事現場で働いていた3人が新型コロナウイルスに感染し、このうち1人が死亡したことを明らかにした。
会社では緊急事態宣言の出ている7都府県で進める工事については原則として中断する方針。
都内の工事現場で働いていた50代の男性と40代の男女、合わせて3人の社員が発熱を訴えたため、検査を受けた結果、感染が確認された。

このうち50代の男性は今月3日から発熱などの症状を訴え、9日に検査を受けたあとも体調不良が続いたことから、自宅で療養していたが、容体が急変しその後亡くなったという。

この事態を踏まえ、同社は、緊急事態宣言の出ている東京など7都府県で進めるすべての工事について今後、発注者と協議したうえで、宣言が出ている間、中断することにした。

対象となる工事は、ビルの建設など約500ヶ所で、現場で働く社員2000人については在宅勤務とする方針。

建設会社では、西松建設や東急建設も緊急事態宣言の出ている7都府県の工事を原則、中断することにしている。
また、JR東海は、リニア中央新幹線の工事のうち東京都と神奈川県の一部で工事を中断している。
以上、

現場に入っている社員さんは所長・監督・設計関係の人。

[ 2020年4月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産